ベタだけどそれがイイ!『きみの声をとどけたい』

■個人的評価 73/100

きみの声をとどけたい
あらすじ
海辺の町・日ノ坂町で暮らす16歳の少女なぎさは、将来の夢を見つけることができず焦りを感じている。
彼女は幼い頃に祖母から聞いた「言葉には魂が宿っている」という言霊の話を信じていた。
ある日、何年も使用されていないミニFMステーションに迷い込んだなぎさは、出来心からDJの真似事をする。
偶然にも放送された彼女の言葉は、思いがけない人物に届いていた。


なぎさ(CV片平美那)を中心にした女子高生たちが主人公の群像劇で
恋愛要素皆無、今日び珍しいくらいの青春ど真中な清々しいまでの
文科省推薦的教育映画でした。

本作のメッセージはやりすぎなくらいにシンプルでストレートです。
「言葉には魂が宿っている。発した言葉はきっと誰かに届く」
最初は何気なく入り込んだ閉鎖した喫茶店からのミニFMにのせて思わぬ人に声が届き
最後は歌に乗せて声を届けるという
滅茶苦茶ベタですがベタで正攻法な話だからこそ綺麗に纏めるのは難しい。
アニメプロデューサーでもある石川学氏が書いた脚本は起承転結が明確で
構成のお手本のような作りです。

ただ、正直個人的にはこういう話は実写で観たかったかなと。
日本の実写界では難しいファンタジー要素とかSF要素ないですし
カメラワークの点でいってもアニメならではの空間の制限のなさをあまり感じなかったからです。

クライマックスの歌唱シーンでアニメ3DCG特有の寄っていく動きがありましたが
それ以外についてる動きがほぼ実写でいうところのパンニング/ドリー/クレーンの動きと同じでした。
実写を意識した演出を心がけたんだと思いますし
私個人は実写を意識した演出のアニメ結構好きなんですけどね。

とか言っておきながらキャラクター面で実写に実際落とし込むのに難しいと思う要素もありました。
それが、なぎさの常軌を逸したイイ子ちゃんぶりであれは生身の人間が演じたら
サイコパスがキ○ガイにしかみえないかも。
彼女はあくまでもみんなに言葉の持ってる力を実感してもらうための
善意を体現した存在みたいなものなので無かったら成立しないし。

あと、全体的に感情表現が過剰に感じられる部分が多くノイズに感じました。
私以前から書いてますが芝居がかった芝居が非常に苦手でして
アニメと時代劇についてはある程度許容されるとも思ってるんですが
それにしてもちょっと登場人物が泣くシーンが多すぎるように感じました。
昔ならっていた脚本家の先生が「観客を泣かせるためにむやみに登場人物を泣かせるな」
みたいなことを言っていたのを思い出しましたね。

というわけで、素晴らしい!完璧!
とまではいいませんが誰でも安心して見られる作りになっている
中々の良作だとは思いますので大変お勧めです。
この出来なのに興行的に苦戦しているのが大変おしいのでぜひ。 

岩井俊二が偉大すぎた。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

■個人的評価 60/100

あらすじ
とある海辺の町の夏休み。
中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。
そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。
なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。

2017打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?


私が初めて観た岩井監督の映画は『Love Letter』でした。
それから夢中になり『四月物語』を観て「この人なんかおかしいんじゃないか?」と感じ
『リリイ・シュシュのすべて』を観て「この人やっぱおかしいは」と感じ
『花とアリス』を観て「この人ロリコン?」と感じ
本作の原作である『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観て
「あ、この人完全にロリコンだわ」と納得したものです。

もともと『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は1993年に放送されていた『if もしも』
というオムニバスドラマの1編として放送されたものをキネコして1995年に劇場公開したものでした。

この時代1995年には3CCDを搭載した高画質DVカム、VX1000が登場した頃で
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も業務用DVカムの、のっぺりした画面に
色調補正を加えてフィルムライクな画面にしたものをキネコしてフィルム上映しているので
現在へと続くデジタルシネマの先駆け的作品と言えるかもしれません。

VX1000の登場は相当に衝撃的だったらしく、私が映像を学び出した2010年ごろ
まだその後継のVX2000を使っている人もいたくらいでした。
その当時でもかなり時代遅れでしたけど。
またVXシリーズの後にパナソニックが出したDVX100シリーズは
DVカムなのにフィルムと同じ24フレームでプログレッシブ収録ができるという優れ物で
2000年代前半のDVDスルーみたいな低予算映画に良く使われていたようでした。

などと内容とあまり関係ないことは置いておいて
本作観終わったあとに浮かんできた感想はただ一つ
「岩井俊二版のオリジナルって本当に完成度高かったんだなあ」
ということでした。

本作はキャラ設定をオリジナルからかなり改変しているのですが
最も大きい部分は主要人物が皆、小学生から中学生になっているということではないかと思います。
個人的にはこの設定の改変があまり上手くいってない気がするんですよ。
主に2つの理由で。

物語の転換になるきっかけは「打ち上げ花火を横からみたら平べったく見えるのか?」
という少年たちの素朴な疑問にあります。
いくらなんでも中学生にもなったら花火を上からみたら平べったく見えるんじゃないか
なんていう馬鹿げた疑問は持たないんじゃないですかね?
だって花火の火花は放射線状に広がるんですよ?

もう1つがオリジナルにあった岩井監督の変態的なフェティシズムが改変によって薄れている
という点です。
広瀬すずさんが声をあてているなずなですが、
オリジナルでは当時13歳だか14歳だったかくらいの奥菜恵さんが演じていました。
社会的に十分子供の年齢ですが外見は大人と子供の間にあるような
絶妙な造形の被写体のうなじやふくらはぎを執拗に狙う変態的なフェティシズムに
オリジナルは溢れており、さらに小学生という設定年齢が危うさを倍増させていました。
本作ではアニメのキャラになって肉感がなくなった上に年齢も上がって
オリジナルの持っていた最大の危うい魅力が限りなく薄れてしまったように感じました。

あと、脚色にあたって終盤の展開が大きく変わっていますが
私としては何がしたかったのかちょっとよくわからなかったです。

とか悪口ばかり言ってしまっているようですが
少なくても観ていて苦痛とかはなかったですし、序盤から中盤にかけては
空気感を今の時代に再現できていたように感じましたので特に悪感情とかはありません。

それより、ほとんど何も共通点のない『君の名は。』と無理やりリンクさせるような
宣伝の方法は、そういうの期待して観に行ったお客さんもがっかりするし
そういう方が増えると作品の評判も落ちてしまい誰も得しないのでやめていただきたかったです。
 

日本のTVドラマはなぜ安っぽく見えてしまうのか?


一昨日のことですがデーブ・スペクターさんが以下のような発言をし物議を醸しています。



デーブ・スペクターさんは過去にもTV番組で以下のような発言をしていますので
日本のTVドラマのクオリティについては一家言あるようです。

ドラマ低迷、デーブが直言 「日本の俳優演技ヘタ、自覚がない!」
http://www.j-cast.com/2009/07/09045046.html?p=all

日本のドラマのクオリティをどうとらえるかは人それぞれだと思いますが
番組のクオリティに手厳しい意見を持っている方は多いようで
"日本 テレビドラマ つまらない"で検索すると
似たようなテーマのスレッドやブログ記事が大量にヒットします。

内容を見ると総じて「演技が下手」「安っぽく見える」
という意見が多いようです。
というわけで今日は何で日本のTVドラマが安っぽく見えてしまうのか
映像面とそれ以外の面から私見を書いてみます。
 
続きを読む

実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』と原作の相違点。


■個人的評価 68/100
ゴースト・イン・ザ・シェル
原作から哲学的要素を消し去った分かり易いSFアクション映画。

■あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)率いるエリート捜査組織公安9課は、
ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙うサイバーテロ組織と対峙。
しかし、捜査を進めるうちに事件は少佐の脳に僅かに残された過去の記憶へと繋がり、
彼女の隠された過去を呼び覚ますのだった。
「私は誰だったのか……」やがて、彼女の存在をも揺るがす衝撃の展開へと発展していく……。

※タイトルを読めば予想つくかと思いますが本作及びオリジナル作品と
攻殻機動隊シリーズのネタばれがあるのでご注意ください。

 
続きを読む

極私的 2016年公開映画ワースト10

昨日予告した通り今日はワースト10です。

 
続きを読む

2016年公開映画 私的ベスト20

大変お久しぶりです。

もといあけましておめでとうございます。
もう2月ですがとりあえずこれはやっておかないとということで
すごい今更ですがベストワーストの記事を書きます。
 
続きを読む

君の名は。—感想・レビュー

■個人的評価 92(50)/100
君の名は。1
凄い!そしてキモい!!

自主制作アニメ界の大物として知ってる人はすごく知ってる。
知らない人は全く知らない新海誠監督の最新作です。

劇場は大変な入りでして平日の夜だというのに客席はほぼ埋まっていました。

そもそもこの人の映画はガラガラのくらーいミニシアター私みたいなオタクたちが
気配を殺し合って観るもの
だと思っていたのでこれには驚きました。

いやー変われば変わるものなんですねー。

今回は少しネタバレありで書くのでご注意を。
 
続きを読む

青空エール—感想・レビュー

■個人的評価 10/100
青空エール1
登場人物のことを誰一人として好きになれない。


恥ずかしい…。何もかもが恥ずかしい…。
恥ずかしくて画面から目を背けそうになった回数数えきれず。
苦痛からの解放までに時計を見た回数数えきれず。

三木監督の前作『くちびるに歌を』が最高だったので
青春映画+音楽で外れなしと期待したのが大きな間違いでした。
人気コミックの映像化ということですが原作は全く読んだ事がありません。
ですのでこれから書くことは原作との比較ではなく完全に1本の映画としてみた感想です。
あと点数からお察しの通り、良い事は全くと言っていいほど書いてないので
好きな方はブラウザを閉じるなり、訳の分らんブロガーの戯言と笑い飛ばすなりしてください。
いつもはネタばれ無しで書いてますが
ディテールを書かないとただの言いっぱなしの悪口になってしまうので
今回はネタばれありで書きます。 
続きを読む

夏真っ盛り国産オカルトホラー映画の系譜

久しぶりに連投します。管理人です。

夏です。本当に暑い日が続いてますね。
夏と言えば怖い話ということで今日はホラー映画についてです。
そのなかでもとりわけ90年代から2000年代に隆盛を誇った
日本独自のスタイルのホラー映画(いわゆるJホラー)、特に国産オカルトホラーに絞った記事になります。
稲川淳二
 
続きを読む

シン・ゴジラ—感想・レビュー

■個人的評価 100/100
日本映画はまだ死なず!
シン・ゴジラ1
 
続きを読む

「今」を描いた社会派ラブストーリー『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』


いつ恋

また久しぶりの投稿になります。
管理人です。

先月ようやく2年に渡る長丁場の撮影が終わりまして
平穏な日々が戻ってきました。
この2年間の個人的な激闘についてはそのうちレポートを書きます。
誰も求めてないだろうけど。

今日は映画ではなくテレビドラマの話です。

日本のテレビドラマは総じて以下のような特徴を持っているように思います。

舞台調の大げさな演技、大げさな台詞まわし
コマ落としやスローモーションを多用した過剰気味な演出。
キャスティングから透けて見える芸能事務所の見えざる力。

技術的な面においても常に深すぎる被写界深度や
フラットに回りすぎな光、ゆるい構図が特徴的です。

だから私はあんまり日本のテレビドラマが好きではないのですが…。
これは個人の好みの問題ですが。

2010年代に入ってから私が毎週かかさず見ていたTVドラマは
『流れ星』(2010年)
『それでも、生きてゆく』(2011年)
『リーガル・ハイ』(2012年)
『ゴーイング マイ ホーム』(2012年)
『Woman』(2013年)
『まほろ駅前番外地』(2013年)
『みんな!エスパーだよ!』(2013年)
『孤独のグルメ』(2012年〜2015年)

だけでした。

ここ2年孤独のグルメ以外全くTVドラマを見ていなかった
ことになります。

コメディで舞台調な演出が施されていた『リーガル・ハイ』
を除いてどれも深度は深すぎず光が不自然に回りすぎていないのが
ルックとしての特徴でした。

とくに本職の映画監督が演出を手掛けていた『ゴーイング マイ ホーム』と
『まほろ駅前番外地』『みんな!エスパーだよ!』は完全に作りが映画で
毎回賞味45分弱の中編映画を見ているような満足感がありました。

前置きが長くなりましたが今放送中の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
の何が素晴らしいのかルックと演技・脚本にわけて書いていきます。

■ルック・演出

そんなに長く書くこともないのですが
このドラマでは深度が常に深くなく、また不自然に光も回っていません。
カット割りの面でも例えばTBSのディレクターさんだったら
細かく割って間に手持ちショットとかを挟んできそうな場面でも
フィックスの安定したショットを基本線にして
引きすぎず寄りすぎず、カット割りでドラマチックにするのではなく
台詞と場面そのものの持っているドラマ性を大事にして長めのカットで
繋いで見せるという風に感じられます。

主な演出を並木道子さんと石井祐介さんというフジテレビの名人2人が
手掛けていますが、無理に押さないでもドラマ性は作れるという大事なことを
このドラマを通じて教えてくれます。

■演技・脚本

脚本を手掛けている坂元裕二先生は2000年代以降
『わたしたちの教科書』『Mother』『それでも、生きてゆく』
と社会派の意欲作を手掛けてきた作家さんですが
今回はフジテレビの月曜9時枠としては異色な社会派ラブストーリーになっています。

毎回驚かされるのは鮮やかなせりふ回しの数々で
「普通のおじさんと5000円でカラオケいくのは危ないけど、社長と10万貰ってカラオケいくのは安全なの」
「用なんてないからこそ会いに来たんだよ」
(すいませんどってもうろ覚えです)
といったセンス溢れる台詞の数々と完全に私好みなsubtleでcalmな抑えた芝居が最高です。

主人公は最底辺の労働者に最悪な労働を紹介して仲介料をピンはね
ヒロインは劣悪な労働環境の介護施設で派遣社員として働きながら搾取され
「いやー日本は本当に美しい国だなあ(白目)」
という感想しかでてこないほの暗さも好みのど真中です。

ちょっと前半はかったるい部分も多かったですが(それも味だけど)
物語は後半から俄然面白くなってきました。
悲しい事に視聴率がかなり苦戦しているようなのですが
巻き返してもっとこういう作品が多く作られるようになって欲しい!

今日で最終回なんで休みで暇な方は是非ともどこかでダイジェストでも見ておさらいしつつ
21時からの放送をごらんください。

といった感じで今日は終わりにします。 

2015年公開映画 私的ワースト10


洋画邦画アニメベストときて今回はみんな大好きワースト編です。
作っている方々の苦労を思うと心苦しいのですが自分の好きな映画がけなされていても
あくまで個人的見解なのでどうかお気になさらず広い心でお許しください。

今年からの試みとして
退屈さを示す「苦痛度」
台詞回しの陳腐さやベタベタな展開に思わず赤面してしまう「恥ずかしい度」
お酒を飲んでツッコミながらみると楽しい「酒が飲める度」
をそれぞれ10段階評価でつけました。


過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 
続きを読む

2015年 アニメ作品私的ベスト10


洋画・邦画ベスト、ワーストときて
番外編としてアニメの個人的ベストテンです。
映画とTVシリーズ両方含めたものになっております。

過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 
続きを読む

2015年 日本映画私的ベスト10

今日は邦画のベスト10です。

過去のベスト・ワーストは下から。

2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 
続きを読む

2015年 外国映画私的ベスト10


先日予告した通り今日から連続で2015年のベスト・ワースト記事を
投稿していきます。

最初は洋画ベストです。

過去のベスト・ワーストは下から。

2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 
続きを読む
ブログパーツ