スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

思わず笑った画像2

画像ネタの第3弾です。

それではどうぞ(・∀・)ノシ  
続きを読む
スポンサーサイト

才能の無駄遣い 帰ってきた素晴らしきパロディAVの世界

以前やったパロディAVの第2弾です。

今回も画像と紹介文は載せられるものだけを載せます。

ではどうぞ!

しかし今回もくだらねえなあww 
続きを読む

「見るんじゃない、感じるんだ」 爽快・痛快!頭を空っぽにして見たい、脳みそ筋肉映画10選

私はアクション映画が大好きです。
特に屈強な男たちが、銃をバンバンぶっ放し、血がブーブー出て
ビルや車がボンボン爆破されるような映画が大好きです。

金曜日の夜に酒を食らいながら
このようなバカな映画を観ると一週間分のストレス
も飛んでしまいます。

というわけで私の大好きな筋肉映画のベスト10です。 
続きを読む

ネットワーク設計の覚書

今回はいつもと全然関係ないことを書きます。
私はネットワークエンジニアとして普段、設計業務をやっていますが
トラブルが起きることもあります。

マイナーブログですが、同じような業務をなさっている方の一助になれば幸いです。

すべて実際にあった案件をもとにしていますが
顧客が特定できそうな部分は伏せています。
ネットワーク機器
 
続きを読む

涙腺がゆるくなる子役映画

子供、動物、難病…駄目な邦画が無理やり感動させるためによく使う手法です。

でもいい映画だってもちろんあります。

難病モノはやりましたので、今回は子役編です。 
続きを読む

思わず笑った画像

以前やった画像ネタの第2弾です。

それではどうぞ(・∀・)ノシ

 
続きを読む

ご当地映画 ~北関東編~

首都圏に隣接しているせいで
なんとなく陰の薄い北関東

前回の山陰に続いて
今回は北関東のご当地映画を紹介します。
 
続きを読む

才能の無駄遣い 素晴らしきパロディAVの世界

映画のタイトルを文字ったパロディAVという分野があります。
本当に下らないんですがその絶妙な語感が生み出す
笑いが私のようにツボにはまってしまう悲しい人がいるのも事実です。

元ネタは伏せておきます。
あと元ネタの映画が大好きだという方も
海のように広い心でお赦しください。

今回は一部を除いて画像は紹介できません。
このブログはアダルトブログではないので。
解説文も載せられるものだけ載せます。
ただし自主規制で一部を伏字にしております。

どうしても見たいという方はタイトルからリンクを貼っておくので
ご覧になってはいかがでしょうか。

しかしくだらねえなあww 
続きを読む

暇だし今クールの連続ドラマを勝手に評価してみる。

暇なので今クールに放送されている連続ドラマを勝手に評価してみます。

全部見てるわけではないので見たものだけですが。
ではどうぞ( ´∀`)つt 
続きを読む

千葉ロッテ日本一記念その2 プレーオフを考える・勝手に球界再編

千葉ロッテ日本一記念その2 プレーオフを考える・勝手に球界再編
NPB.jpg

今回は3位のチームが日本一となる下克上シリーズとなりました。
しかし年間144試合も戦って1位を決定したのにたったの数試合で
2位、3位のチームが日本シリーズの出場権をさらってしまうというのは
心象的にどうしても納得できない部分があります。

そこでこの不公平感を払拭するために勝手に球界を再編してみます。 
続きを読む

千葉ロッテ日本一記念その1 チームの功労者キム・テギュンという打者とセパのリーグ格差

千葉ロッテマリーンズが史上初のリーグ3位からの日本一に輝きました。
ロッテ日本一


中日対ロッテという顔合わせゆえに地味なシリーズになると思いましたが
実にしびれる試合でした。

ファンの方はおめでとうございます。

というわけでロッテの日本一に絡めた
ネタを2回に分けていくつか書きます。

第一回は「チームの功労者キム・テギュンという打者とセパのリーグ格差」
についてです。
 
続きを読む

ご当地映画 ~山陰編~

ご当地映画は特定の地域を中心としてストーリーが展開していくものです。
生まれも育ちも東京の私は地方への憧れが非常に強いです。
というわけで、私の思うご当地映画を何回かに分けて勝手に書いていきます。

第一回は日本で最も人口が少ない山陰地方です。

山陰地方は鳥取島根の両県を指すのが最も一般的ですので
鳥取県と島根県を舞台にした映画を紹介します。
 
続きを読む

これぞオタクな画像

以前オタクの画像を貼ったら「面白かった」という声があったので
ちょっといろいろネタになりそうな画像を収集してみました。

それではどうぞ(・∀・)ノシ

 
続きを読む

お涙頂戴 難病映画

大ヒット作『世界の中心で愛をさけぶ』を契機に2000年代はやたらと
難病物映画が制作されました。

ただしどれも安易な模倣でしかなく「人の死を食い物にしている」という印象しか
私には残りませんでした。

ただしこのジャンルはずっと昔から存在しており中にはもちろん名作もあります。
というわけで新旧揃えて難病物の映画を紹介していきます。
 
続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。