良作…だけど長すぎ『のぼうの城』—感想・レビュー

■個人的評価 70/100点
良作だけど、長すぎ
のぼうの城

■あらすじ
戦国末期。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条家に大群を投じていた。
周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、
秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上地雄輔)に命じる。
忍城の侍たちに緊張が走る中、
農民や子供たちと楽しそうに戯れる侍、成田長親(野村萬斎)がいた。
城主・成田氏長(西村雅彦)の従弟で、智も仁も勇もないが人気だけはある不思議な男。
領民からは“でくのぼう”を意味する“のぼう様”の愛称で呼ばれ、皆に慕われていた。
そんな長親に密かに想いを寄せる城主の娘、甲斐姫(榮倉奈々)。
長親の幼馴染で歴戦の強者、丹波(佐藤浩市)。
その丹波をライバル視する豪傑・豪腕の和泉(山口智充)。
戦の経験は無いが“軍略の天才”を自称する靭負(成宮寛貴)。
緊迫する仲間たちを前に、長親は呑気なことを言って皆を唖然とさせるが、
ある日、天下軍が遂に忍城を包囲する。
成田氏長は「秀吉軍とは一戦も交えずに速やかに開城せよ」との言葉を残し、
長親に城を任せ、既に小田原に向かっていた。
忍城の500人の軍勢では2万の大軍相手に戦っても勝ち目はない。
やむなく開城することを決意する長親たちだったが、天下軍の威を借り、
なめきった態度を取る長束正家(平岳大)と対面した長親は、
一転戦うことを決意。長親のその強い決意に導かれるように、
丹波をはじめとする武将たちや普段から長親を慕う百姓たちも立ち上がる。
それは、戦によって名を挙げることに闘志を燃やす三成の思う壺であったが、
秀吉に三成を支えるよう命を受けた盟友・大谷吉継(山田孝之)だけは、
忍城軍のあり得ない士気の高さに警戒心を抱く。
忍城軍は襲いくる大軍を前に、農民や老兵までが侍に劣らぬ活躍を見せ、
地の利を生かし、騎馬鉄砲や火攻めなど多彩な戦術で天下軍を退けていく。
想像を超える忍城軍の奮闘ぶりに三成は、城の周辺に巨大な人工の堤を築き、
それを決壊させる“水攻め”を決断。濁流が流れ出し、
領民たちは高台にある忍城本丸に必死に逃げ込む。
このままでは本丸が沈むのも時間の問題。
だが、忍城軍が絶望に包まれる中、
長親はただ一人で武器も持たずに小舟で三成が築いた堤へと向かっていくのだった……。 
続きを読む

『アルゴ』—感想・レビュー

■個人的評価 90/100点
ベン・アフレックすげえ。

アルゴ1

■あらすじ
1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。
混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、
残った52人の大使館員は人質となる。
イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。
大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、
名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。
国務省はCIAに応援を要請し、
人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。
トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて
出国させるという作戦を閃く。
トニーの知人で特殊メイクの第一人者、
ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。
チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、
自宅で山積みになっているボツ脚本から、
イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。
事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。
一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。
1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、
文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。
6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。
翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。
トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。
しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、
計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。
航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。
トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。
翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。
しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。
一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。 
続きを読む

『悪の教典』—感想・レビュー

■個人的評価 70/100点
…Excellent……
akunokyouten.jpg

■あらすじ
蓮実聖司(伊藤英明)は、生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。
学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、
それはすべて仮面に過ぎなかった。
彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない
生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。
蓮実は自らの目的のためには、たとえ殺人でも厭わない。
学校が抱える様々なトラブルや、
自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。
やがていつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配する存在になっていく蓮実。
だがすべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈し、
それを隠蔽するために蓮実はクラスの生徒全員を惨殺することを決意する……。

 
続きを読む

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』—感想・レビュー

■個人的評価 55/100点
え?え?何これ?何これ?何なのこれ?


q3.png

■最初に
いつもならあらすじを書くところなんですが本作は
あらすじ自体が壮絶なネタバレになるという困った作品なので
すべては追記に書きます。

ただここでギリギリ言えることは
いくらなんでも観客を置き去りにし過ぎ
説明をしなさすぎ。
説明過多もだめですけど、説明が全くなかったら
なんにもわかんないですよ。。

※以下はすべてネタバレしていますので気をつけてください。 
続きを読む

テレビドラマじゃなくてテレビ映画『ゴーイング マイ ホーム』

今日はテレビドラマの話です。

ゴーイングマイホーム
 
続きを読む
ブログパーツ