『そして父になる』—感想・レビュー

■個人的評価 82/100
— 親子は血か?過ごした時間か? —

soshite_chichi_main_large.jpg

■あらすじ
大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多は、
人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。
そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。
妻のみどりや取り違えの起こった相手方の斎木夫妻は、
それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、どうせなら早い方がいいという良多の意見で、
互いの子どもを“交換”することになる。 
続きを読む

チャンバラ西部劇『許されざる者』—感想・レビュー

■個人的評価 55/100
許されざる者1
なんで改変したんですか?

■あらすじ

1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。
人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛だが、
その正体は徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺して回った刺客であった。
幕末の京都で人斬りとして名をとどろかせるも、
幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、
五稜郭を舞台にした箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして失踪。
それから10年あまり、十兵衛に刀を捨てさせる決意をさせた妻には先立たれ、
経済的に困窮する日々を送っていた。
十兵衛はそこから抜け出すため、再び刀を手にする。

 
続きを読む

スーパーマン・ビギンズ『マン・オブ・スティール』—感想・レビュー

■個人的評価 65/100

マンオブスティール1
アクションが大味

■あらすじ
ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を
宇宙船に乗せて地球へと送り出す。
その後クラークは、偶然宇宙船を発見した父と母に大事に育てられる。
そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙することになる。 
続きを読む

サイコサスペンスの手固い秀作『サイド・エフェクト』—感想・レビュー

■個人的評価 80/100
古典へのリスペクトを感じるサスペンスの秀作

■あらすじ

幸福な生活を送っていたエミリーは、夫がインサイダー取引で収監されたことをきっかけに、
かつて患ったうつ病が再発。精神科医のバンクスが処方した新薬により、
うつ症状は改善されたものの副作用で夢遊病を発症し、
やがて無意識状態のまま殺人を犯してしまう。
主治医としての責任を問われ、社会的信頼を失ったバンクスは、
エミリーに処方した新薬について独自に調査を開始。やがて衝撃的な真実にたどりつく。
サイドエフェクト1
 
続きを読む

映画である必要がない『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』—感想・レビュー

■個人的評価 25/100点
OVAでいいじゃん……
あの花1

■あらすじ

宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、
松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の小学生6人は大の仲良しで、
「超平和バスターズ」と名乗り、秘密基地に集まって遊ぶ楽しい日々を過ごしていた。
しかし、ある夏の日、芽衣子が事故で亡くなり、残された5人の心は離れ離れになってしまう。
時は流れ、高校1年生になった仁太の前に、死んだはずの芽衣子が成長した姿で現れる。
その姿は仁太にしか見えず、芽衣子は超平和バスターズのみんなに願いをかなえてほしいと言うが、
その願いが何であるのか芽衣子自身も思い出すことができない。
離れ離れになっていた超平和バスターズは、このことをきっかけに再び集い、
芽衣子の願いをかなえようとするが……。 
続きを読む
ブログパーツ