スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

TVアニメが面白い。日本の映像コンテンツを考えるー『蟲師』と『ジョジョ』ー

ずいぶん更新の間が空いてしまいました。

去る3月21日に昨年撮影した自作の自主上映を実施しました。
幸いなことに3回上映全部がほぼ満員となり
赤字を出さずに済みました。

お越しいただいた皆様には心から感謝申し上げます。

しかしながら今後の展開に全く見通しが立っていないので
イベント上映なんかをさせていただけるという奇特な方がいらしたら
是非ともご連絡ください。



ちなみに「それから、」はこちらで記事にして貰いました。

カゲヒナタのレビュー
http://kagehinata64.blog71.fc2.com/blog-entry-724.html
なんか自分のインタビューが載るってのは変な感じしますが
気が向いたら読んでみてください。

あと、過去作の一部を最近アップしました。


これはただのお遊びですがこんなMADを最近作りました。


などど宣伝をしつつ今日の本題に入ります。

最近、実写よりもアニメをよく見ています。
実は昔からアニメが大好きだったのですが
特にここ数年のアニメ業界の技術の進歩と多様性には目を見張るものがあります。

実写の世界がどれも無難な似通った内容の物ばかりなのに対して
アニメの世界では安い深夜枠の放送権を買ってプロモーションし
ディスクの売り上げでペイするというビジネスモデルが確立しているので
エッジの効いたインパクトのある作品が作られやすいというのが理由かと思います。

萌えキャラがワイワイやっている無個性な作品もかなり多いですが
そうではない物も少なからずあります。

今クールで放送されているアニメの中で私が特に好きなのが
『蟲師 続章』と『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』
です。
 
続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。