スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ベタだけどそれがイイ!『きみの声をとどけたい』

■個人的評価 73/100

きみの声をとどけたい
あらすじ
海辺の町・日ノ坂町で暮らす16歳の少女なぎさは、将来の夢を見つけることができず焦りを感じている。
彼女は幼い頃に祖母から聞いた「言葉には魂が宿っている」という言霊の話を信じていた。
ある日、何年も使用されていないミニFMステーションに迷い込んだなぎさは、出来心からDJの真似事をする。
偶然にも放送された彼女の言葉は、思いがけない人物に届いていた。


なぎさ(CV片平美那)を中心にした女子高生たちが主人公の群像劇で
恋愛要素皆無、今日び珍しいくらいの青春ど真中な清々しいまでの
文科省推薦的教育映画でした。

本作のメッセージはやりすぎなくらいにシンプルでストレートです。
「言葉には魂が宿っている。発した言葉はきっと誰かに届く」
最初は何気なく入り込んだ閉鎖した喫茶店からのミニFMにのせて思わぬ人に声が届き
最後は歌に乗せて声を届けるという
滅茶苦茶ベタですがベタで正攻法な話だからこそ綺麗に纏めるのは難しい。
アニメプロデューサーでもある石川学氏が書いた脚本は起承転結が明確で
構成のお手本のような作りです。

ただ、正直個人的にはこういう話は実写で観たかったかなと。
日本の実写界では難しいファンタジー要素とかSF要素ないですし
カメラワークの点でいってもアニメならではの空間の制限のなさをあまり感じなかったからです。

クライマックスの歌唱シーンでアニメ3DCG特有の寄っていく動きがありましたが
それ以外についてる動きがほぼ実写でいうところのパンニング/ドリー/クレーンの動きと同じでした。
実写を意識した演出を心がけたんだと思いますし
私個人は実写を意識した演出のアニメ結構好きなんですけどね。

とか言っておきながらキャラクター面で実写に実際落とし込むのに難しいと思う要素もありました。
それが、なぎさの常軌を逸したイイ子ちゃんぶりであれは生身の人間が演じたら
サイコパスがキ○ガイにしかみえないかも。
彼女はあくまでもみんなに言葉の持ってる力を実感してもらうための
善意を体現した存在みたいなものなので無かったら成立しないし。

あと、全体的に感情表現が過剰に感じられる部分が多くノイズに感じました。
私以前から書いてますが芝居がかった芝居が非常に苦手でして
アニメと時代劇についてはある程度許容されるとも思ってるんですが
それにしてもちょっと登場人物が泣くシーンが多すぎるように感じました。
昔ならっていた脚本家の先生が「観客を泣かせるためにむやみに登場人物を泣かせるな」
みたいなことを言っていたのを思い出しましたね。

というわけで、素晴らしい!完璧!
とまではいいませんが誰でも安心して見られる作りになっている
中々の良作だとは思いますので大変お勧めです。
この出来なのに興行的に苦戦しているのが大変おしいのでぜひ。 
スポンサーサイト

岩井俊二が偉大すぎた。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

■個人的評価 60/100

あらすじ
とある海辺の町の夏休み。
中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。
そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。
なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。

2017打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?


私が初めて観た岩井監督の映画は『Love Letter』でした。
それから夢中になり『四月物語』を観て「この人なんかおかしいんじゃないか?」と感じ
『リリイ・シュシュのすべて』を観て「この人やっぱおかしいは」と感じ
『花とアリス』を観て「この人ロリコン?」と感じ
本作の原作である『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観て
「あ、この人完全にロリコンだわ」と納得したものです。

もともと『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は1993年に放送されていた『if もしも』
というオムニバスドラマの1編として放送されたものをキネコして1995年に劇場公開したものでした。

この時代1995年には3CCDを搭載した高画質DVカム、VX1000が登場した頃で
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も業務用DVカムの、のっぺりした画面に
色調補正を加えてフィルムライクな画面にしたものをキネコしてフィルム上映しているので
現在へと続くデジタルシネマの先駆け的作品と言えるかもしれません。

VX1000の登場は相当に衝撃的だったらしく、私が映像を学び出した2010年ごろ
まだその後継のVX2000を使っている人もいたくらいでした。
その当時でもかなり時代遅れでしたけど。
またVXシリーズの後にパナソニックが出したDVX100シリーズは
DVカムなのにフィルムと同じ24フレームでプログレッシブ収録ができるという優れ物で
2000年代前半のDVDスルーみたいな低予算映画に良く使われていたようでした。

などと内容とあまり関係ないことは置いておいて
本作観終わったあとに浮かんできた感想はただ一つ
「岩井俊二版のオリジナルって本当に完成度高かったんだなあ」
ということでした。

本作はキャラ設定をオリジナルからかなり改変しているのですが
最も大きい部分は主要人物が皆、小学生から中学生になっているということではないかと思います。
個人的にはこの設定の改変があまり上手くいってない気がするんですよ。
主に2つの理由で。

物語の転換になるきっかけは「打ち上げ花火を横からみたら平べったく見えるのか?」
という少年たちの素朴な疑問にあります。
いくらなんでも中学生にもなったら花火を上からみたら平べったく見えるんじゃないか
なんていう馬鹿げた疑問は持たないんじゃないですかね?
だって花火の火花は放射線状に広がるんですよ?

もう1つがオリジナルにあった岩井監督の変態的なフェティシズムが改変によって薄れている
という点です。
広瀬すずさんが声をあてているなずなですが、
オリジナルでは当時13歳だか14歳だったかくらいの奥菜恵さんが演じていました。
社会的に十分子供の年齢ですが外見は大人と子供の間にあるような
絶妙な造形の被写体のうなじやふくらはぎを執拗に狙う変態的なフェティシズムに
オリジナルは溢れており、さらに小学生という設定年齢が危うさを倍増させていました。
本作ではアニメのキャラになって肉感がなくなった上に年齢も上がって
オリジナルの持っていた最大の危うい魅力が限りなく薄れてしまったように感じました。

あと、脚色にあたって終盤の展開が大きく変わっていますが
私としては何がしたかったのかちょっとよくわからなかったです。

とか悪口ばかり言ってしまっているようですが
少なくても観ていて苦痛とかはなかったですし、序盤から中盤にかけては
空気感を今の時代に再現できていたように感じましたので特に悪感情とかはありません。

それより、ほとんど何も共通点のない『君の名は。』と無理やりリンクさせるような
宣伝の方法は、そういうの期待して観に行ったお客さんもがっかりするし
そういう方が増えると作品の評判も落ちてしまい誰も得しないのでやめていただきたかったです。
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。