スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

夏を感じる映画

夏です。

夏を感じる映画とロケ地について書きます。

すべて90年代~2000年代の邦画です。

 
『あの夏、いちばん静かな海。』 1991(日)
あの夏、一番静かな海。

サーフィンに魅了された聾唖の青年の
姿を静かに淡々と描いた北野たけし監督
初期の秀作。

ネタバレになってしまうので
はっきりとは書けませんが
極端に台詞が少ない静かな映画にも
関わらずなぜか画面には常に死の影が付きまとっています。


あの夏、いちばん静かな海。 [DVD]あの夏、いちばん静かな海。 [DVD]
(2007/10/26)
真木蔵人、大島弘子 他

商品詳細を見る


『海がきこえる』 1993(日)
海がきこえる

こちらをご参照下さい。
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-29.html

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』 1994(日)
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
テレビドラマシリーズ『If もしも』の一作として
製作され、その人気ぶりから劇場公開された
岩井俊二監督の出世作。

少年、美少女、プール、花火、夏祭り、田舎の町並み
という日本人のノスタルジーのツボをこれでもかと
ついてくる映像美は必見だと思います。

旭市飯岡、玉崎神社。
飯岡、玉崎神社


打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]
(1999/08/07)
REMEDIOS

商品詳細を見る


『菊次郎の夏』 1999(日)
菊次郎の夏

内容についてはこちらをご参照下さい。
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-20.html

バス停があった道。
豊橋市東七根。

菊次郎の夏ロケ地

『あの、夏の日 - とんでろ じいちゃん』 1999(日)
あの、夏の日

こちらをご参照下さい。
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-73.html

『ナビィの恋』 1999(日)
ナビイの恋

こちらをご参照下さい。
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-61.html

『ウォーターボーイズ』 2001(日)
ウォーターボーイズ

川越高校水泳部の男子シンクロチーム
のドキュメンタリーを元にした作品。

監督は青春群像劇の職人監督・矢口史靖。

小規模な公開規模でのスタートでしたが
その後口コミで内容がウケてスマッシュヒットしました。

劇中に出てきた商店街。
静岡県焼津市。
焼津市昭和通り商店街。

ウォーターボーイズロケ地


ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]
(2004/07/30)
妻夫木聡、玉木宏 他

商品詳細を見る


『チルソクの夏』 2004(日)
チルソクの夏

こちらをご参照下さい。
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-73.html


世界の中心で愛を叫ぶ 2004年(日)
世界の中心で愛をさけぶ
さて2000年代中盤にセカチューシンドロームと呼ばれる純愛映画ブームを巻き起こした本作。
しかしそれらの追随する映画の出来がどれもいまいちだったことも記憶に新しいです。

ロケ地:香川県 高松市庵治町
この場所。
セカチュー

それがここ
王の下防波堤
王の下防波堤

高校時代の朔太郎がスクーターで走っていく場所。
庵治町はこの映画でまちおこししたようで、
現地に行くと案内板がそこら中に出てるそうな。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
(2004/12/23)
大沢たかお柴咲コウ

商品詳細を見る


タイヨウのうた 2006年(日)
タイヨウのうた

セカチューシンドロームにどっぷり浸かった「純愛映画」。
このジャンルは「今会いに行きます」や「そのときは彼によろしく」など死屍累々。
まさに屍の山でしたが、その中で数少ない見られる出来の映画だと思います。
YUIの演技が素人芝居なのと、ご都合主義過ぎるシナリオは難点ですが、素人芝居も逆に嫌味がなくて良いし、ご都合主義な展開のおかげであっさりと感傷的に成りすぎずに演出されてて好感度高いです。
死を扱った内容でも爽やかで素直に感動できる作品でした。

ロケ地:神奈川県鎌倉市 七里ヶ浜

七里ヶ浜駅近辺、バス停から見上げた景色。多分高台のあたりが薫の自宅。
PAP_0007_convert_20100816220215.jpg

孝治がサーフィンしていた海岸。七里ヶ浜海岸。
PAP_0008_convert_20100816220800.jpg

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/22)
YUI塚本高史

商品詳細を見る


天然コケッコー 2007(日)
天然コケッコーイメージ

「日本のアキ・カウリスマキ」こと山下敦弘監督による、くらもちふさこ原作少女の実写版。
キネマ旬報ベストテン第二位。
毎回日本のひなびた田舎を舞台に「美しくない田舎の光景」を描いてきた山下監督ですが、本作は監督が自身で語っていた通り、美しい日本の田舎の原風景だけがことさらに強調された心温まる映画になっています。

ロケ地:島根県江津市浅利町 浅利海水浴場

子供たちみんなで遊びに行った海。
海岸 t800025.jpg

浅利海水浴場

ロケ地:島根県浜田市金城町下来原

ポスターにもなってる学校の通学路。
天こけ
下来原

天然コケッコー [DVD]天然コケッコー [DVD]
(2007/12/21)
夏帆山下敦弘

商品詳細を見る




歩いても歩いても 2008(日)

歩いても歩いても

阿部寛演じる男が、ある夏の日に再婚相手と連れ子を連れて、疎遠になっていた両親が住む実家泊まりがけで戻る数日描いた映画です。
料理をしているだけのシーンに抜群のリズム感を生み出したオープニングなど、
とにかく編集の巧さには目を見張ります。
何気ない一言に込められた心の闇であるとかセリフ回しと演技・演出の引き出しの多さも見所です。


ロケ地:神奈川県 横須賀市長沢久里浜霊園


主人公の兄が眠っているという設定の墓地。
そのすぐ近くにこの坂がある。
坂絵

市街地を見下ろした光景。ラストでも使われていた。
歩いても墓地

ロケ地:神奈川県 三浦郡葉山町

オープニングとラストで印象的な使われ方をしていた長い階段。
歩いても坂 階段絵

こちらは住宅地の真ん中にあるよう。
歩いても階段

歩いても 歩いても [DVD]歩いても 歩いても [DVD]
(2009/01/23)
阿部 寛夏川結衣

商品詳細を見る


河童のクゥと夏休み 2007(日)
河童のクゥと夏休み河川敷

「オトナ帝国の逆襲」「アッパレ!戦国大合戦」というクレしんの傑作を生み出した原恵一監督の長編アニメ。
河童の子供「クゥ」と、少年・康一との友情、そしてそれを取り巻く人間模様を描いたPTA推薦な感動作です。
子供と河童の種族を超えた友情というプロットを中心に置きつつ、少年の初恋と別れ、いじめ、下品なマスコミの過熱報道への風刺も加えた味わい深い映画です。

ロケ地:岩手県 遠野市

クゥと健一が泳いだ河(たぶん)
河童のクゥと夏休み川

小鳥瀬川
河童のクゥと夏休み小鳥瀬川実景

クゥと健一が走ったサイクリングロード(たぶん)
河童のクゥと夏休み

小鳥瀬川近くのサイクリングロード
河童のクゥと夏休み河川敷実景

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]
(2008/05/28)
冨澤風斗横川貴大

商品詳細を見る


サマーウォーズ 2009(日)
サマーウォーズ

青春SFの傑作「時をかける少女」を送り出した、監督・細田守と脚本・奥寺佐渡子のコンビによる
長編アニメーション。
キャラクタリゼーションが弱いとか、ディテールが甘いとか、様々な脚本の粗を指摘する声もありますが
それらを差し置いても純粋にエンターテイメントとして楽しい映画だと思います。

陣内家の門
上田城門1

モデルは上田城門
上田城門実景

陣内家の敷地・高台からみた光景
砥石米山城

砥石米山城跡から見た光景
砥石米山城実景

サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭 ななみ

商品詳細を見る


全部の場所に実際自分で行ってみたわけでもないので
今実際どうなってるかとかは責任負いかねます。

関連エントリー
春を感じる映画・桜が印象的な映画
ご当地映画 山陽編
ご当地映画 四国編
冬を感じる映画

涙腺がゆるくなる 子役映画
ご当地映画 沖縄編

コメント

『歩いても歩いても』は横須賀だったのか。東京近郊でもこういう光景が残ってるのは素晴らしいこと。そのためにも、環境破壊する輩はセガールにぶっ殺してもらわないとね。
2010/ 08/ 18( 水) 10: 23: 39| URL| ジャック・タガード# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/1-058f3926
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。