スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『ももへの手紙』—感想・レビュー

個人的評価 85/100点

■あらすじ
“ももへ”とだけ書かれた手紙を遺し、11歳の宮浦もも(声:美山加恋)の父は天国に旅立ってしまった。
「ほんとうはなんて書きたかったの?」と心ない言葉をぶつけ、
仲直りしないまま父を亡くしたももは、その想いを抱えたまま
、母いく子(声:優香)と瀬戸内の汐島に移り住む。
慣れない生活に戸惑うももだったが、ある日、
不思議な妖怪“見守り組”のイワ(声:西田敏行)、カワ(声:山寺宏一)、マメ(声:チョー)と出会う。
食いしん坊でわがまま、しかし愛嬌たっぷりの彼らには、実は大切な使命があった……。

001.jpg

 
■感想
監督は2000年に公開されたハードボイルドSFアクションの傑作
『人狼 JIN-ROH』

EMOTION the Best 人狼 JIN-ROH [DVD]EMOTION the Best 人狼 JIN-ROH [DVD]
(2009/12/22)
藤木義勝、武藤寿美 他

商品詳細を見る

で知られる沖浦啓之です。

『人狼 JIN-ROH』は脚本・押井守ということで
かなり押井守色が濃い内容でしたが本作では沖浦監督が脚本も兼ねたことで
極めて独自色の強い内容になっていました。

この話を要約すると
「少女が父親の死を乗り越えるまで」
となります。

シンプルって素晴らしいですね!

002.jpg

■描写について
舞台は瀬戸内海の架空の小島・汐島となっていますが
モデルは広島県呉市の大崎下島
ohsakishimojima01.jpg
で実景を細密に描写した棚田と坂道が美しいノスタルジー溢れる描写は素晴らしいの一言です。

またももを見守るちょっと間の抜けた3妖怪を含めた
キャラクターの表情も豊かで生き生きとしています。
これこそがアニメでしかできない表現なんだと思います。

■熱い展開
ネタバレになってしまうので詳細は省きますが
最後に物の怪たちがもものために奮闘することになります。

これが本当に泣けるんですよ。
何故かというとずっと役立たずと言われてきた奴らが
必死こいて文字通り体を張って頑張るからなんです。

僕も終盤の展開で思わず泣きそうになりました。
周りが親子連ればかりだったので不審に思われそうだったので
こらえましたけど。

ちょっと短いですけど本作についてはこれくらいにしておきます。

小さいお子さんがいる方もそうじゃない方も必見です!

003.jpg

関連エントリー
ご当地映画 山陽編
ご当地映画 四国編
ゼロ年代ベスト映画

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/127-bfff7f1d
個人的評価 85/100点■あらすじ“ももへ”とだけ書かれた手紙を遺し、11歳の宮浦もも(声:美山加恋)の父は天国に旅立ってしまった。「ほんとうはなんて書きたかったの?」と心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を亡くしたももは、その想いを抱えたまま、母いく...
2012/ 05/ 12( 土) 04: 59: 53| まとめwoネタ速neo
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。