スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012年公開 私的日本映画ベスト10

昨日予告した通り今日は邦画のベスト10です。

10位、4位、3位以外の作品は
タイトルをクリックすると過去の記事に飛びます。

過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10

2011年
2011年公開映画 私的ベスト20

2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10 
10.『かしこい狗は、吠えずに笑う
かしこい狗は、吠えずに笑う
青春の痛みと狂気
【劇場未公開作品】
脚本/監督:渡部亮平
出演:mimpi*β、岡村いずみ、石田剛太(ヨーロッパ企画)

■あらすじ
ブルドッグのように不細工に生まれた熊田美沙(mimpi*β)は普通の生徒から蔑まれ、
チワワのように可愛く生まれた清瀬イズミ(岡村いずみ)は普通の生徒から妬まれている。
全く異なる二人だが、与えられた運命という同じ苦しみ、痛みの上に生きていた——。
痛みを判り合えた二人は交流を深め、友情を築いていく。

10位のこの作品は自主制作映画です。
監督の渡部亮平くんは僕のシナリオ講座時代の同期生でした。
その頃から彼はそのセンスと物量において抜きんでた存在でしたが
試写で見せてもらった本作には驚きました。

技術力の高さももちろんのことですが
青春の痛みの描写から徐々に狂気へとシフトしていく
展開の巧さも素晴らしかったです。

面白いかどうかは置いておいて
大半の邦画の商用作品より優れていたように
僕には思えました。

下は予告編です。


9.『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』
麒麟の翼
手堅いサスペンス

麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]
(2012/07/27)
阿部寛、新垣結衣 他

商品詳細を見る


8.『僕達急行 A列車で行こう』
僕達急行 A列車で行こう
惜別森田監督。シュールなコメディ


僕達急行 A列車で行こう  [DVD]僕達急行 A列車で行こう [DVD]
(2012/09/14)
松山ケンイチ、瑛太 他

商品詳細を見る


7.『のぼうの城』
のぼうの城3
チョンマゲ超大作


のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


6.『ももへの手紙』
ももへの手紙
愛嬌あふれるボンクラ妖怪の奮闘


ももへの手紙 [DVD]ももへの手紙 [DVD]
(2012/10/26)
美山加恋、優香 他

商品詳細を見る


5.『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
5ab8d795.jpg
え?え?何これ?


4.『ゾンビアス
ゾンビアス
うんこ!ゲロ!オッパイ!グロ!
監督:井口昇
出演:中村有沙、菅野麻由、護あさな、優希、ダニー


■あらすじ
妹の死から立ち直れないでいる女子高生の恵(中村有沙)は、友人とキャンプに出掛ける。
山中で不気味な男に遭遇した恵たちは近くの村に逃げ込むが、そこには汚物まみれのゾンビがいた。

片腕にマシンガンを仕込んだ女子高生の復讐劇『片腕マシンガール』

片腕マシンガール [DVD]片腕マシンガール [DVD]
(2009/01/23)
八代みなせ、島津健太郎 他

商品詳細を見る

サイボーグ殺人兵器の芸者が主人公の『ロボゲイシャ』

ロボゲイシャ [DVD]ロボゲイシャ [DVD]
(2010/04/07)
木口亜矢、長谷部瞳 他

商品詳細を見る

しこたま酔っぱらって書いたんじゃないかという
ふざけた作風から熱狂的なファンを持つ井口昇監督作品。

本作もウンコまみれのゾンビに美少女たちが
襲われる
という監督の悪趣味満載なコメディホラー?
といった作風です。

ウンコ、流血、おっぱい、ゲロ、おなら
とお下劣さでは今までの作品をも凌駕すると
思われます。

こんなふざけた作品なのによくよく見ると
アクションシーンでの見せ方、カッティングが普通に巧く
「なんだよ、この無駄に巧い演出!」
とつっこみながら見るのも楽しいかもしれません。

そんな井口監督の次回作『デッド寿司』
は人食い寿司のパニック映画だそうです。

次回作も楽しみですね!

ゾンビアス [DVD]ゾンビアス [DVD]
(2012/08/03)
中村有沙、菅野麻由 他

商品詳細を見る


3.『ヒミズ
ヒミズ
住田頑張れ!頑張れ住田!!
監督:園子温
出演:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、山崎雅史

■あらすじ
どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、
成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。
一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、
自分が愛する人と支え合いながら人生を歩んでいくことだった。
しかしある日、2人の人生を狂わせる大事件が起き……。

古谷実原作漫画の映像化作品。
カッティングもカメラワークも全ては
役者の芝居を見せることだけに特化して
作られているため見やすいとは言い難いですが
それだけに時折挿入される長回し1カットの
鬼気迫る演技に魅了されます。

園子温監督作品を見るといつも思いますが
この人は本当に「監督」じゃなくて「演出家」
なんですね。

難点としては撮影直前に決まったという
東日本大震災のシークエンスにあまり必要性を感じないことと
全体的に長すぎるということでしょうか。

同監督の『愛のむきだし』なんて4時間近くありましたが
逆に長さを感じなくて、本作では通り魔のシークエンスとか
あんまり意味のないとこが多かった気が。

ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/07/03)
染谷将太、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る


2.『悪の教典』
akunokyouten.jpg
狩る側の快楽と狩られる側の圧倒的な絶望

1.『桐島、部活やめるってよ』
kirishima-19_large.jpeg
2012年邦画を象徴する1本


桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]
(2013/02/15)
神木隆之介、橋本愛 他

商品詳細を見る


■まとめ
というわけで1位は桐島です。
面白いかどうかは置いておいて2012年の邦画を代表する1本であったのは間違いありません。

個人的には2012年に日本で制作された映像作品で最も印象に残ったのは
映画ではなく、TVドラマの『ゴーイング マイ ホーム』
ゴーイングマイホーム
でした。
『ゴーイング マイ ホーム』は作りが限りなく映画に近い
(リンク参照)
ので入れても良かったのですが媒体がTVなので一応選外にしました。

僕は洋画より邦画が好きなんですが、2012年は上位3本くらいしか本当に印象に残る映画がありませんでした。
評判が良かったところだと『おおかみこどもの雨と雪』とか『夢売るふたり』
あたりを見逃してしまったのが残念です。

10位に自主制作映画が入っていますが
これは別にちょっと斜めを行ってみようとか思ったからではなく
単純に出来が良かったからです。

自主制作映画というと大体ヘタな素人役者が暗くてのっぺりした画面の中で
台詞も良く聞き取れないまま意味不明なことをやっている
というイメージがあるかもしれませんが、特にここ2年ほどの間にデジタル一眼レフの
ムービーが登場してからとりわけ画面においては商用映画にも負けないようなクオリティの
ものが多く出てきています。

映画ファンを自称する皆さんもたまには自主映画に目を向けてみてはいかがでしょうか?

明日は2012年の年間ワースト10です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/154-f78ffa25
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。