童貞くさい『風立ちぬ』—感想・レビュー

■個人的評価 65/100点
圧倒的な描写力は健在だけど…

風立ちぬ1

■あらすじ
幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、
震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。
やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、
同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。
そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。
やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、
新たな飛行機作りに没頭していく。

日本アニメ界の生けるレジェンド宮崎駿おじいちゃんの
5年ぶりの新作です。

公開2週目ですが客席は満員。
僕が入った次の回もほぼチケット完売という状態でした。 
■童貞くさい
本作はタイトルと同名小説を著した昭和の文豪、堀辰雄と
長大な航続距離と格闘性能で米英パイロットから「ゼロファイター」の名で恐れられた
零式艦上戦闘機、通称ゼロ戦の設計者・堀越二郎の半生を
モデルにした青春戦争ドラマです。

方々で指摘されていますが
この主人公のキャラクターがただ
「良い青年」としか描写されず
また声を充てた庵野さんの棒読みぶりも相まって
まるで血の通わないロボットのような不気味さを醸し出しています。

この主人公二郎と運命的に結ばれる
ヒロインの菜穂子の健気さ幸薄さ
そして愛する人には美しい姿だけ見せて
消えていきたいという精神性は
女性はうんこしないと本気で信じているタイプの男
描いたような童貞臭が漂っていました。

これが永遠の中学2年生・新海誠監督あたりがやると
「味」と感じられるのに宮崎監督のような巨匠がやると
ただただ気持ち悪いというのも不思議なものです。

本作はジブリアニメには極めて珍しい
キスシーンがありますが
血の通わないキャラクターのラブシーンは
特に心を動かされるものではありませんでした。

風立ちぬ2

■これはエンタメ作品じゃない
本作にはラピュタの飛翔感、魔女の宅急便の強烈なカタルシス
トトロの爽やかさといったわかりやすい面白さが一切ありません。

航空機の設計士が主人公なので飛翔シーンは多いですが
声で作ったモーター音の不気味さと戦争に突入する
不穏な時代性も相まって特に中盤以降の飛行場面は
カタルシスとは無縁な演出がされています。

それ故に劇場では寝てる人も結構いましたし
退屈して泣き始める子供もいました。

僕は「カリオストロの城」から一貫して
宮崎監督は初期衝動はエンタメにあり
映画は客を喜ばせてこそという
というタイプの作家だと思っています。

作家として晩年となった今、制作された
本作は宮崎監督の遺書のようにも感じられたのです。

それかもう作りたいものがなくなったか。

■驚異的な描写力
ここまで悪いことばかり書いてきましたが
世界に誇る日本の2Dアニメの最高峰、スタジオジブリの描写力は健在でした。

特に宮崎監督は風にはためくスカートを描かせたら
右に出るものはいない名人
です。

これぐらいの勢いでこんな風向きで風が吹いたら
髪はどんなふうになびくか、本のページはどんな風にめくれるか
帽子や傘はどんな風に飛ぶか
緻密に計算されたアニメーションは芸術品です。

正直言って本作は僕にとって特に印象に残りませんでしたし
特別面白いものでもありませんでしたが
このアニメーション技術が観られただけでも十分満足いくものでした。

関連エントリー
極私的 日本アニメ映画オールタイムベスト50

コメント

楽しくレビュー拝見させて頂きました。
ただ、アニメの作画をするのは監督ではなくアニメーターの方ではないのでしょうか。
2013/ 08/ 23( 金) 14: 22: 40| URL| 南アルプス# mQop/nM.[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/163-246be8aa
ブログパーツ