チャンバラ西部劇『許されざる者』—感想・レビュー

■個人的評価 55/100
許されざる者1
なんで改変したんですか?

■あらすじ

1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。
人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛だが、
その正体は徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺して回った刺客であった。
幕末の京都で人斬りとして名をとどろかせるも、
幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、
五稜郭を舞台にした箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして失踪。
それから10年あまり、十兵衛に刀を捨てさせる決意をさせた妻には先立たれ、
経済的に困窮する日々を送っていた。
十兵衛はそこから抜け出すため、再び刀を手にする。

 
■チャンバラ時代劇
本作は90年代を代表する傑作の1本
「最後の西部劇」とも評された
西部劇の新古典とも呼べる伝説的同名作品の和風リメイクです。

許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る


自然と元ネタとの比較論になってしまいまいましたが
しょうがないです。

あとどうしても結末に触れたかったので
今回はネタバレしてます。

お気を付けください。

■李監督の演出あんまり好きじゃないです
本作の監督は『フラガール』や『悪人』で
コンスタントに高い評価を得てきた
李相日監督です。

李相日監督はPFF出身でこういった
邦画のなかでもとりわけ格が高い大作に
インディー出身者が抜擢されている現状には
感慨深いものがあります。

さて、実をいうと私は李監督の作品が
どうにも好きになれないのですが
理由は終盤でのスローモーションの多様と
やたらと泣きの芝居が多いからで
いつも中盤あたりまではすごく楽しく観ているのに
最後のあたりにがっかりというパターンです。

本作でもその傾向はやはり変わりませんでした。

許されざる者2

■改変部分について
本作では原作のとの目に見える改変が
2つありました。

一つ目がアイヌ族への言及です。

本作ではケン・ワタナベ演じる十兵衛の
奥さんと途中で仲間になる青年がアイヌ人
という設定になっています。

これが物語の中枢に関係あるかというと
あんまり関係ないのですが
自身が在日コリアンという出自を持つ
李監督ならでは発想だったのではないでしょうか。

デビュー作の『青 chong 』
は朝鮮学校を舞台にした話でしたし。

二つ目はラストシーンです。

原作のイーストウッドが演じた老ガンマンは
最後に子供たちのもとに戻ってきます。

が、本作の十兵衛は子供たちを
アイヌの青年と傷つけられた娼婦に託して
どこかに消えてしまいます。

この改変はよくわかりませんでした。

子供たちのために不殺の誓いを破ったはずだったのに
最後に他人に子供を託して消えるというのは
そもそも十兵衛の行動原理を全否定したのと同然だと
思うのですが。

またこの改変によって
罪を背負いながらも子供たちと生きていく
という清濁併せ持った意味合いのラストから
罪を背負って消えて神話的存在になるという
意味合いの高潔すぎる意味合いのラストになったために
ラストシーン余韻がかえって薄れてしまった感があります。

残念です。

許されざる者3


あと、最後の大立ち回りはスローモーションと
クロースアップでごまかしすぎ。

イーストウッド版ではクライマックスは
老ガンマンが恐るべき本性を現す場面として
残虐でありながらある種のカタルシスさえ感じさせましたが
本作の立ち回りは漫然と切りあっているようにしか
見えずかなりダレて感じられました。

こういうごまかしの演出で見せるなら
もっと短くしても良かったのでは?

というわけであんまり今回も好きになれない
李監督作でしたが日本映画の中では良作に部類だと
思いますので普通におすすめです。

関連エントリー
殺陣が最高の時代劇

コメント

火曜日見てきました。
私はなぜこの作品を作らなきゃいけなかったのか。
という感想です。
画はきれいでしたね。
2013/ 09/ 20( 金) 16: 56: 06| URL| ズミシ# -[ 編集 ]
 
撮影は名カメラマンの笠松さんだけあって最高でした。
ただ改変部分はよくわからなかったですね。。
> 火曜日見てきました。
> 私はなぜこの作品を作らなきゃいけなかったのか。
> という感想です。
> 画はきれいでしたね。
2013/ 09/ 21( 土) 01: 09: 38| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 
時代設定もすべてくそフィクション。無理ありすぎ。
オリジナルとは全く趣旨が違う。
これでは渡辺謙がかわいそう。
2014/ 07/ 11( 金) 08: 54: 58| URL| 名無しの日本人# -[ 編集 ]
 
そこまで酷い出来だとは思っていないのですが。。
少なくとも撮影技術は素晴らしかったです。
> 時代設定もすべてくそフィクション。無理ありすぎ。
> オリジナルとは全く趣旨が違う。
> これでは渡辺謙がかわいそう。
2014/ 07/ 13( 日) 18: 13: 25| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/169-5e426a20
ブログパーツ