スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『陽だまりの彼女』—感想・レビュー

■個人的評価 15/100
— すいません、これなんてエロゲーですか?

陽だまりの彼女

■あらすじ
新人営業マンの浩介は、仕事先で幼なじみの真緒と10年ぶりに再会する。
中学時代は「学年有数のバカ」と呼ばれ、いじめられっ子だった真緒は、
見違えるほど美しい大人の女性になっていた。
浩介は恋に落ち、やがて結婚を決意するが、
真緒には誰にも知られてはいけない不思議な秘密があった。

※ここから先は全部ネタバレで書いています。
あと点数からお察しの通り良い事もほとんど書いてないので
この映画が好きで好きでたまらない方は感性のすれ違いを感じつつ
そっとブラウザを閉じてください。
 
本作は「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」という
あからさまに怪しげな宣伝文句でベストセラーとなった同名小説の映像化作品です。

劇場は7割くらいの入り
まわりはほとんどティーンエイジャーで
男一人の私は非常に肩身が狭かったです。

■説得力ねええええ!!
ツルツルに光の回った画面設計やソフトフォーカスの多用もあって
技術面でもとことん実在感の感じられない作品でしたが
ジャンルとしてはファンタジーなので極めて真っ当なやり方です。
そこは全然問題ではありません。

ですが、キャラクター造形にあまりにも説得力がありません。

主人公を演じる松本潤さんは本当に奇麗な顔立ちで
明らかにカッコいいのに非モテ男子という設定で
しかも困った人を放っておけない正義感あふれる好青年だったりします。

それでモテないわけないでしょ?

じゃあ秋葉のソフマップにいるキモオタはなんなんでしょうか?
彼らは人間ですらないと?


また、上野樹里演じるヒロインは大手下着メーカーの
期待の新人で業務能力も高いという描写がありますが
彼女の舌足らずの甘えたしゃべりもあって
全く仕事ができるように見えませんでした。

■アナクロニズム
本作にはカビの生えたようなアナクロ描写が散見されます。

主人公のイケてない先輩はことあるごとにキャバクラに行こうとします。
今時いねえよこんなやつ!

ヒロインは中学生時代にテストで0点を取ります。
今、テストで0点をとっても許されるのは
のび太くんとサザエさんのカツオだけです。

波乱の幕開けの前にはコップが割れます。
今日び昼ドラかインド映画ぐらいでしか見ない描写です。

陽だまりの彼女2


■これなんてエロゲですか?
ここからはストーリーを追っていきます。
冒頭は主人公の回想から始まります。
少年時代の主人公は傷ついた野良猫を助けますが
猫は逃げてしまいます。

今時猫拾ってくるって。。
それ許されるのエロゲだけでしょ?

そういえば後になって野良犬も助けてたという台詞がありました。
いや、だからそれ許されるのはエロゲだけでしょ?

広告代理店に勤める主人公は「遅刻遅刻〜」と言いながら
まるっきりギャルゲのような描写で出社します。
その日は取引先へのプレゼンがありました。

そこでヒロインと10年ぶりの再会を果たします。

そのあとは20代も半ばの良い大人がキャッキャする
気持ち悪いラブラブ描写にうんざりさせられながら話は
(必要以上に)ゆっくりと進んでいきます。

やがてコップが割れるというアナクロな描写から
波乱の幕開けになり彼女には重大な秘密がある事が提示されます。

彼女の体調不良を問いただそうとしたところで
となりに住んでいる少年がベランダから落ちるという
あり得ない展開に!

ここの前にベランダでキャッキャしていた
二人を覗いていた少年に
「危ないよ」と注意するシーンがありましたが
まさか伏線だったなんて!!

少年はベランダから落ちてしまいますが
ヒロインの人知を超えた能力で助かります。
しかもヒロインは無傷。

どうやって助けたのかは描写されませんが
これが衝撃のラストの伏線に。

それから色々あって実はヒロインは
主人公が昔助けた猫でもうすぐ寿命が尽き
みんなの前から記憶ごと消え去ろうとしていた事がわかります。
彼女は助けてくれた彼に恋して人間になったのでした。

そう、少年を助けられたのは猫の身のこなしがあったからだったのです。

陽だまりの彼女3

しかし、助けた猫が人間になって恩返しって
今時許されるのおとぎ話かエロゲだけ……
あ!そうか!
これエロゲだったんだ!!

しかもはっきりとは描写されないものの
猫のヒロインと「アーン♡」なこともしてたみたいなので
それって獣か……
いやいや!エロゲだからいいのか!

確かにこの作品
「彼に恋する猫は人間になってキュンキュンしちゃうの」
みたいなタイトル
で売り出されててもおかしくないですね!
泣きゲーとしてそれなりに人気が出そうです。

私はやりませんけど。

■いいんじゃないでしょうか
とは言っても泣かせにいくメロドラマとして
フォーマットは外してないですし
私もラストの主人公の涙には少しウルッときました。

三木監督は雇われ監督として職務を全うされたと思います。
お疲れさまでした。

コメント

めっちゃ笑いました
高校時代から大人になるまでの間、猫さん何やってたんですかね
気になるなー(棒)
2013/ 10/ 21( 月) 21: 47: 03| URL| # -[ 編集 ]
 
ありがとうございます。
悪い感想を書くのは制作者に申し訳ない気持ちになるのですが
やっぱりつまらないものはつまらいですね(笑)
> めっちゃ笑いました
> 高校時代から大人になるまでの間、猫さん何やってたんですかね
> 気になるなー(棒)
2013/ 10/ 26( 土) 17: 18: 15| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 
この映画は、好きとか愛してるって言葉がないのに
ここまで表現できてるのが素直にすげーなーって思ったー

猫が人間になって恩返しではないと思うww
全然恩返ししてないし(笑)

あと、アーンとかもやりあってないww
2013/ 10/ 29( 火) 20: 30: 09| URL| # ety68uN.[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/173-a81fa63c
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。