『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』と仕事の裏側が学べる映画 —感想・レビュー

■個人的評価 77/100
誰でも安心して楽しめる良作コメディ

WOOD JOB!

■あらすじ
大学受験に失敗し、彼女にもフラれて高校を卒業した平野勇気は、
林業研修プログラムのパンフレットが目に留まる。
その表紙でほほ笑む美女につられ、
ケータイの電波も届かない田舎の神去村で林業の研修に参加することになった勇気だが、
想像を絶する現場の過酷さに、早くも逃げ出したくなる。
しかし、パンフレットの美女が村に住んでいることを知り、
そのまま田舎暮らしと林業を続けていくことを決意するが…。 

公開からだいぶ週が経ってますので
かなりいまさら感がありますが
今日は矢口監督の最新作です。

男子シンクロ、高校生ジャズバンド、航空業界と
フィールドを徹底的に限定させて
「あるある」系の快作を次々に送り出してきた監督だけあって
林業のフィールド限定させた本作が面白くないわけがなく
期待値通りの物を観させていただきました。

と、いつも通りに感想書こうかとも思ったのです
なんか今更感がありますので
本作の内容にちなんで
今日は仕事の裏側を学べる日本の映像作品を紹介していこうと思います。

『スーパーの女』
スーパーの女2

■学べるお仕事
スーパーマーケットで働く人々


地域の競合店に対抗すべく主婦の視点から
スーパーの立て直しを図るビジネスに役立つ映画。

まだ世間に知られていなかった
食品偽造と産地偽造の問題を取り上げた
伊丹監督の先見性も後に評価されました。

『妄想代理人』
第10話 「マロミまどろみ」

妄想代理人

■学べるお仕事
アニメーター


40代の若さでこの世を去った
日本アニメ界の鬼才、今敏監督のテレビアニメ。

病んだ現代社会の人々を1エピソードずつ
ブラックなユーモアで包んで見せる作風は
誰でも気持ち悪いと思うこと間違いなしです。

第10話の 「マロミまどろみ」は
監督が逃亡したアニメ制作現場の殺人的な
労働環境をやはりブラックなユーモアで包んで見せた怪作になっています。

『雪に願うこと』
雪に願うこと2

■学べるお仕事
ばんえい競馬に関わる人々


東京で事業に失敗した青年が故郷の北海道で
ばんえい競馬にかかわる再生物語。

調教師や厩務員の仕事ぶりと
ばんえい競馬の厳しい経済状況も学べる作品です。

『おくりびと』
おくりびと2

■学べるお仕事
納棺師


日本映画界にアカデミー賞をもたらした
手堅い、いかにも外国受けしそうな良作。

非常にメジャーな作品なので取り立ててここで
書くこともないですが
この映画の成功で
納棺師という職業が注目されることになりました。

『ハッピーフライト』
ハッピーフライト2

■学べるお仕事
航空業界で働く人々(パイロット、CA、OCC、グランドスタッフ、整備士etc)


こちらも『WOOD JOB!』と同じ矢口史靖監督作。
バードストライクのトラブルに見舞われた航空機を
飛行場まで無事に引き返させるために
地上と機上の関係者たちが右往左往するコメディ映画。

『WOOD JOB!』を楽しめた人なら
間違いなく安心して楽しめる作品です。

『二郎は鮨の夢を見る』
二郎は鮨の夢を見る2

■学べるお仕事
寿司職人

今日取り上げる中では唯一の外国映画。
三ツ星高級店、「すきやばし次郎」の小野二郎さん
を追いかけたドキュメンタリー映画。

「ただ寿司職人を撮っただけのドキュメンタリーなんて何が面白いの?」
とか言わずに見てみてください。
ドキュメンタリー映画ですが、浅い被写界深度で攻めてくる演出で
ドキュメンタリーながらドラマ性も高い作品になっていますので。

『THE 有頂天ホテル』
THE 有頂天ホテル

『花咲くいろは』

花咲くいろは

■学べるお仕事
宿泊業界


『THE 有頂天ホテル』はホテルが
『花咲くいろは』は旅館が
舞台です。

三谷監督作の有頂天ホテルは映画というよりやはり舞台っぽいですが
話自体は普通にエンターテイメントとして面白いので
「好きな映画雑誌は映画芸術」みたいな偏屈なシネフィルの方以外なら
誰でも楽しめます。

『花咲くいろは』はテレビアニメです。
DQNは母のせいで祖母の旅館で仲居として働く羽目になった
女子高生の成長物語になっています。
テレビシリーズの続編に映画があります。
ありますが1本の映画として期待してみるとがっかりしますので
あくまでテレビドラマの1エピソードだと思ってみれば
悪くないかと思います。


あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。
(2014/01/10)
日野 瑛太郎

商品詳細を見る


こちらも合わせてどうぞ
ビジネスに役立つ映画

コメント

 洋画で仕事の裏側を学べる映画の紹介も読んでみたいです。

 今監督は、公式サイト「KON'S TONE」に載せてる『PERFECT BLUE戦記』でもアニメ製作の裏話を書いてましたね。読んでてキツイけど面白かった。仕事が出来ない私みたいな人間にはハマグリと自分を重ねてしまって、こうはなりたくねーなと戒めになります。
 
 アニメの内幕ものだと、製作進行を題材にした『アニメーション制作進行くろみちゃん』という二作のOVAがおすすめです。
 作画崩壊の裏側とか会社で描かずに自宅で作業するアニメーターなどアニメの仕事の一端を覗けて面白いです。
 話もしっかりしてて二作目のタバコを吸う場面は良い場面だと思います。
2014/ 06/ 04( 水) 22: 49: 40| URL| 山が故郷# -[ 編集 ]
 
今回は邦画だけにしました。

過去記事の「ビジネスに役立つ映画」
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-128.html
は洋画も入ってます。

似たような内容なのでそちらもご覧下さい。

>  洋画で仕事の裏側を学べる映画の紹介も読んでみたいです。
>
>  今監督は、公式サイト「KON'S TONE」に載せてる『PERFECT BLUE戦記』でもアニメ製作の裏話を書いてましたね。読んでてキツイけど面白かった。仕事が出来ない私みたいな人間にはハマグリと自分を重ねてしまって、こうはなりたくねーなと戒めになります。
>  
>  アニメの内幕ものだと、製作進行を題材にした『アニメーション制作進行くろみちゃん』という二作のOVAがおすすめです。
>  作画崩壊の裏側とか会社で描かずに自宅で作業するアニメーターなどアニメの仕事の一端を覗けて面白いです。
>  話もしっかりしてて二作目のタバコを吸う場面は良い場面だと思います。
2014/ 06/ 04( 水) 23: 21: 01| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/193-91d47081
ブログパーツ