スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2014年 外国映画私的ベスト10

早いものでもう1月も終わりです。

いいタイミングなので今更感はありますが毎年恒例の
ベストワースト企画です。

今年は外国映画・日本映画・アニメ・ワースト
の順で書いて行きます。

まずは、外国映画のベスト10です。

過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10

2011年
2011年公開映画 私的ベスト20

2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10

2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
 

10.『チョコレートドーナツ』(Any Day Now)
チョコレートドーナツ
マイノリティにスポットライトをあてたゲイムービーの傑作。

ゲイカップルがダウン症の少年を引き取って
疑似家族的な関係を築いていくものの…
という切ないも美しく悲しい作品。

インディペンデント系の映画で
公開規模が小さかったのは非常に残念です。

もしこれが美男美女のカップルが健常者の少年を引き取る話だったら
ここまで深い余韻を残す作品になったかどうか。
脚本の妙には感嘆するばかりです。

9.『her/世界でひとつの彼女』(Her)
her:世界でひとつの彼女
電脳彼女でも女性ってめんどくさい。

肉体を持たない人工知能の彼女とのラブストーリーという
日本ならラノベかエロゲにしかなりそうにない話です。

もしこれが日本なら最後に美少女に転生して…
みたいな話になりそうですが
スパイク・ジョーンズ監督の超絶おしゃれでスタイリッシュな映像に
哲学的な要素まで加えた不思議な印象を残す作品となっています。

8.『ビフォア・ミッドナイト』(Before Midnight)
ビフォア・ミッドナイト
めんどくさいなあ、結婚って。

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』では若者
『ビフォア・ミッドナイト』ではすっかり大人に
そして1作目から実に18年もの歳月を経てすっかり
おっさん・おばさんになったジェシーとセリーヌは
なんと結婚して2児をもうけています。
こんな展開だれが予想したでしょうか。

年をくっても相変わらずセリーヌはパラノイア的だし
ジェシーはナイーブです。
どれだけ年月がたっても人の根っこの部分は変わらないということを教えてくれます。

車内での超絶長回しはもちろんですが
もはやどこまでが素でどこまでが演技なのか
どこまでが即興でどこまでが脚本なのか
全く判別のつかないイーサン・ホークとジュリー・デルピーの
パフォーマンスは「自然」などという言葉が陳腐に思えてくるほどです。

7.『フルートベール駅で』(Fruitvale Station)
フルートベール駅で
なんでもない1日はかけがえのない1日。

サンフランシスコのフルートベール駅で
黒人青年が無抵抗のまま警官に射殺された実話を元に
青年の最後の一日を描いた作品。

オール手持ち、オールロケーションの
ストイックな撮影方法でつくられた本作は
平凡な青年のなんでもない1日を圧倒的なリアリティで写し
日常がいかに大切な物に満ちあふれているかを教えてくれます。

これもインディペンデント作品で
公開規模が小さかったのは残念な限りです。

6.『ゴーン・ガール』 (Gone Girl)
ゴーン・ガール
結婚こわい。

サイコパスのイカレた奥さんに振り回される
ボンクラ男のこわいこわーいサスペンスホラー。

前半サスペンス、後半ホラーと
一度で2度楽しめる作りになっておりますが
クリスマスシーズンに公開された本作を間違えてみてしまった
世間のカップル達を震撼させたことと思います。

また、悪人には罰をという安易な発想に陥らない
ラストには心底身震いしました。

5.『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(Nebraska)
ネブラスカ1
親子のロードムービーから家族の話に着陸。

http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-188.html

4.『ベイマックス』(Big Hero 6)
ベイマックス
アメコミ+兄弟愛+少年とロボ

日本では昔から少年とロボという図式が愛されてきました。

本作はその上に、ピクサースタジオの優秀なスタッフ陣によって
アメコミヒーローものとへたすれば湿っぽくなりすぎてしまいそうな
兄弟愛を絡ませて「たったの」108分に落とし込んでいます。

もはやフィギュアルックの3Dアニメにおいて
ピクサースタジオに太刀打ちできるスタジオは
世界中どこにもないでしょう。

3.『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)
ウルフ・オブ・ウォールストリート
スコセッシ老いてなお健在

半世紀近くにわたって映画界で活躍し
様々な傑作を送り出して来たスコセッシおじいちゃん。
70過ぎてもなお、衰えしらずで
年をとると保守的な内容に陥りがちなものに思えますが
本作の演出はスタイリッシュで瑞々しさに満ちあふれています。

ウォール街の頭のおかしい人たちの乱痴気騒ぎを
動的なカメラワークで、ノンストップに魅せきる技で
3時間近い長尺も全く気になりません。

2.『X-MEN: フューチャー&パスト』(X-Men: Days of Future Past)
X-MEN- フューチャーパスト
もはやなんでもアリ。

もう何度目だよ、ウルヴァリンという感じですが
前回、新幹線の上でヤクザと肉弾戦してたと思ったら
今回はついにタイムスリップ。

1970年代にタイムスリップして
ミュータント絶滅の未来を回避するために奔走します。
昨年の作品でこれも好きなんですが
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
でも70年代の世相を反映した歴史陰謀サスペンス的な要素を
持ち合わせていましたが
もちろん正しい歴史など何一つ学べません。

130分超えの長尺でブライアン・シンガーのスタイリッシュで
バカカッコいいアクションを心行くまで堪能できます。

1.『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(Edge of Tomorrow)
オール・ユー・ニード・イズ・キル
コンテニュー!コンテニュー!!コンテニュー!!

エイリアン(ギタイ)の侵略を受けた近未来で
時間のループに巻き込まれてしまった主人公が、
出撃しては戦死する2日間を何度もコンテニューしながら
最強兵士になっていくまさにゲーム世代のアクションムービー。

本作の魅力はなんといってもパワードスーツの
バカかっこよさ。
『ジェイソン・ボーン』シリーズを世に送り出した
ダグ・リーマン監督のリアルと様式美をミックスした
パワードスーツのアクションシークエンスは白眉。

アクションシーンの総集編だけでご飯3杯は軽くいけます!

■まとめ

洋画については、そもそも日本に入ってくるものは
選りすぐりなはずですから、そうそうはずれを引く事もないですね。
2014年といえばやはり日本では記録的ヒットを飛ばした
『アナと雪の女王』
アナと雪の女王
ですが、それについては後に書く
アニメベストの記事で言及しようと思います。

ここに挙げたもの以外では
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
キック・アス:ジャスティス・フォーエバー

『LEGO(R) ムービー』
LEGO(R) ムービー

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー

『インターステラー』
インターステラー2
あたりが印象に残っています。

明日は日本映画ベストです。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/201-1c31dac3
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。