スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2014年 日本映画私的ベスト10

昨日に続いて、今日は日本映画のベスト10です。

過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10

2011年
2011年公開映画 私的ベスト20

2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10

2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10

 

10.『ニシノユキヒコの恋と冒険』(The Tale of Nishino)
ニシノユキヒコの恋と冒険
竹野内ドンファンの一代記。

相手が求めることを全て察知できてしまう
モテモテ男の一代記。

いくつかのエピソードの繋ぎ合わせでできており
ほぼ全編パンフォーカス、フィックスで長回し多用と
かなり眠たい映画で、正直あまり好きではないですが
作家性という部分ではかなり感じる部分はあったので
ここに入れました。

シンメトリーな構図や
楽団が調子はずれのフレーズを何度もリフレインする所など
ウェス・アンダーソンを相当に意識した感があります。

9.『抱きしめたい -真実の物語-』(I Just Wanna Hug You)
抱きしめたい1
難病悲恋ものかと思いきや実はラブコメ。

http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-185.html

8.『紙の月』(Paper Moon)
紙の月
横領を働くヒロインにシンパシー。

『桐島、部活やめるってよ』で知られる吉田大八監督作。

桐島〜でもそうでしたが
原作を大胆に脚色して完全に自分色に染上げた
本作は、もはや原作とは別物ではありますが
完全に単体で見ても素晴らしい出来映えです。

上映時間の長さと、モンタージュがやけに多いところが
気になりましたが、不倫と業務上横領を働く
インモラルなヒロインを儚くも美しく、かつ盛りまくって
ドラマチックに描いた映像技術は白眉です。

7.『白ゆき姫殺人事件』(The Snow White Murder Case)
白ゆき姫殺人事件
SNS時代の「薮の中」

twitterを通して信用できない語り手が
出まくる正にSNS時代の「薮の中」です。

あまりにもネットを悪く描き過ぎな所が若干気になりますが
刺激的で毒に満ちあふれたエンタメ作になっています。

賛否が別れそうな作風なので
嫌いな人も結構いるとは思いますが私は好きです。

中村義洋監督はかなり困難と思われた
伊坂幸太郎原作の映画化を成功に導いてきた実績があり
本作でもその手腕を遺憾なく発揮しています。

6.『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』(Wood Job!)
WOOD JOB!
へなちょこ青年、漢になる。

http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-193.html

5.『銀の匙 Silver Spoon』(Silver Spoon)
銀の匙1
こうして少年は大人になる。

http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-190.html

4.『ぼくたちの家族』(Our Family)
ぼくたちの家族
性善説に基づいたホームドラマ。

脳の病気が発覚して記憶障害を煩った
母親の治療のためにまるでソリが合わない
兄弟が奔走する難病ホームドラマ。

これだけ書くと凄まじい地雷臭がしますが
大事なのは病気のことではなく
治療の可能性を求めて家族が奔走するなかで
まるでソリが合わず、全く頼りないと思っていた兄弟や
義母に不信感を持っていた長男嫁、まるで頼りない
借金を抱えたお父さんたちが
お互いの良いところに気付いていくという展開の巧みさにあります。

希望が見えてくるのに比例して
前半パートでは恐ろしく描かれていた描写が
後半パートでは全く別の意味合いを持って見えてくるようになります。

きっと誰もが自分の家族と重ね合わせて共感できるはずです。

3.『るろうに剣心 京都大火編』(RUROUNI KENSHIN Kyoto Inferno)
るろうに剣心 京都大火編
日本でもやればできる!バトルアクションネオ時代劇。

90年代少年ジャンプの黄金期を支えた
時代劇バトル漫画の映像化第2作。

前作もアクション描写は素晴らしかったですが
安っぽさが気になって仕方なかった、ドラマパートが大幅に削られ
また、大胆な脚色を施すことで長尺ながらスピーディーでクールな作品となりました。

特に主人公・剣心の持つ逆刃刀を刃物ではなく
刀の形をした鈍器として描写したアクションは
もはや原作とは全くの別物ではありますが
リアルの中にほどよく嘘を混ぜたセンスに感嘆するばかりです。

日本映画でもドラマでは毎年良い作品が出てきますが
アクションでここまでの良作は早々出てこないのではないでしょうか。

2.『そこのみにて光輝く』(The Light Shines Only There)
そこのみにて光輝く
これが日本の最底辺。地獄の青春ムービー

函館を舞台に最底辺で生きる青年たちの姿を描いた
シリアスで重たい青春ムービー。

何より、好きなのが画の圧倒的な格好良さ。
日本映画もTVドラマもゆるい構図でパンフォーカスで
光が奇麗に回った奥行きのないツルツルのやつが
少なくないですが、被写界深度の浅い画で照明は光と陰がくっきり出ており
それでいて無意味にクロースアップばかり使わないで
適度に広い画面もみせてくるバランス間隔が最高です。

監督は在日韓国人3世の呉美保で
まだ30代の若い監督ですが
それ以上に驚いたのは、女性だということ。

10位の『ニシノユキヒコの恋と冒険』は見て
「ああ、女性なんだろうな」と思いましたが
これほど男臭い映像を女性監督が撮ったとは。

男性監督陣もタマ無しツルツルの画ばっか
撮ってないで、こういうカッコいい映画を作って欲しい物です。

1.『たまこラブストーリー』(Tamako Love Story)
たまこラブストーリー2
ただの萌えアニメじゃない。

http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-196.html

■まとめ

毎年のことですが日本映画で本当にいいなと
思えるものは中々見つかりません。
ただ、明らかに地雷臭がした『抱きしめたい -真実の物語-』
やこれまで屍の山を築いてきたコミック原作の
『るろうに剣心 京都大火編』の成功など
すこし明るい兆しも見えて来ているように感じます。

今回挙げたものの中でも特に
1位〜4位は世界中どこに出しても恥ずかしくない作品だと思います。

他に芸人監督という地雷臭を漂わせながらも実に真っ当な作りだった
『青天の霹靂』
晴天の霹靂2
http://undersiege.blog112.fc2.com/blog-entry-192.html
おっぱいがボンボンでてくる
『愛の渦』
愛の渦
は割と印象に残っています。

ちなみに
『楽園追放 -Expelled from Paradise-』
楽園追放 -Expelled from Paradise-
『機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」』
機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」
の2本を入れようかとも思ったのですが
映画というよりOVAのプロモーションとしての公開だったので
選外にしました。

明日はアニメベスト10です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/202-02a03e33
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。