スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015年公開映画 私的ワースト10


洋画邦画アニメベストときて今回はみんな大好きワースト編です。
作っている方々の苦労を思うと心苦しいのですが自分の好きな映画がけなされていても
あくまで個人的見解なのでどうかお気になさらず広い心でお許しください。

今年からの試みとして
退屈さを示す「苦痛度」
台詞回しの陳腐さやベタベタな展開に思わず赤面してしまう「恥ずかしい度」
お酒を飲んでツッコミながらみると楽しい「酒が飲める度」
をそれぞれ10段階評価でつけました。


過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 

10.『屍者の帝国』(The Empire of Corpses)
屍者の帝国
なんかコレジャナイ。
苦痛度:1
恥ずかしい度:1
酒が飲める度:1


この順位に『攻殻機動隊 新劇場版』のどちらを入れるか迷ったのですが原作込みでこちらを。
邦画ベストの方に入れた『ハーモニー』と同じ伊藤計劃先生のハードボイルドSF小説が原作です。

映像化にあたり相当な脚色が施されていますが、やはり同じくウェットでエモーショナルな要素ばかりが足されておりそれが何かおろしたてのTシャツのタグがずっとチクチクしているような違和感を感じさせるのです。

果たして先生が生きておられたらこの脚色にどのような感想を抱くかは知り得ることができませんが、末期癌の床にありながら行きすぎた健康管理社会を皮肉るようなシニカルな人物がこう言う脚色の仕方をどう思うか…。

『攻殻機動隊 新劇場版』について付け加えておくと、話が観念的になりすぎて単純につまらない。
ARISEシリーズを追いかけ続けてきて出した結論です。
押井監督版と旧TVシリーズは大好きだったんですけどね。

9.『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(Dragon Ball Z: Resurrection 'F')
ドラゴンボールZ 復活の
ジンバブエドル並みの強さのハイパーインフレ。
苦痛度:3
恥ずかしい度:1
酒が飲める度:1


星の数ほどいるアニメ界悪の親玉たちのなかでも
理想の上司ナンバーワンの呼び声高いフリーザさま再登場ということで
公開前の期待値は非常に高かったのに…。

ただただ悟空とべジータが強くなりすぎてしまった。
その一言につきます。
もはやフリーザ様はいくらパワーアップしようと2人の敵ではないのです。

べジータが登場してからのドラゴンボールシリーズとは
TV版も劇場版もとんでもない強敵が現れて
死にそうになったり、時には本当に死んでしまったりしながら
最後にはべジータが「カ、カカロット!あ、あんたのためじゃないんだからね!」
とか言いながらツンデレっぷりを発揮して悟空を助けるみたいな展開が定番だったし
誰もがそれを望んでいたはずです。

誰もがこんなドラゴンボールは望んでいなかったはず。
ただ、バトルシーンは普通に見ごたえありました。

8.『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(Fifty Shades of Grey)
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
恥ずかしい。何もかもが恥ずかしい。
苦痛度:1
恥ずかしい度:5
酒が飲める度:1


トワイライトシリーズのファン・フィクションとして書かれた、日本で言ったらコミケやpixivでおなじみないわゆる2次創作小説の映像化です。
ポルノ小説みたいなものなんですがSMの描かれ方がなんかぬるいというか、別にSM好きでもなんでもなのでそれはいいんですがエロなのに全く実用性がなく。

気絶するくらいセクシーでハンサムな若き実業家と平凡な処女女子大生のエロだったらS○Dあたりが日本で実用的なのいっぱい作ってそうですね。

※タイ人の監督が作った『フィフティ・シェイズ・オブ・ゲイ』というパロディAVがあるようです。


7.『呪怨 -ザ・ファイナル-』(Ju-On: The Final Curse)
呪怨 -ザ・ファイナル-
全く怖くないホラー映画。
苦痛度:5
恥ずかしい度:1
酒が飲める度:1


最初に申し上げておきたいのは撮影技術に関しては
本当に素晴らしかったということです。
締まった画面構成、彩度を落とした映像は
90年代後半〜2000年代前半の日本製ホラー全盛時代のそれその物です。

ただホラー映画としては致命的なことに全く怖くなく
というかもう呪怨シリーズおなじみの怨霊コンビは恐怖の対象というか
存在自体がギャグみたいになってる気がするのですが。

この映画の最も怖かった部分は主要人物を演じた
平愛梨さん、おのののかさん、佐々木希さん
お三方の素晴らしすぎる迷演だったかもしれません。

私は俳優の演技の善し悪しで映画を語るのがすごく嫌なのですが
この作品に関しては言及を避ける事ができません。

6.『96時間/レクイエム』(Taken 3)

96時間:レクイエム
もう、いいんじゃないですかね。
苦痛度:3
恥ずかしい度:1
酒が飲める度:1

本当に傑作だったパート1、シリーズに重傷を負わせたパート2
そしておそらくこのパート3はシリーズの息の根を止めたかもしれません。

娘が誘拐された⇒よし!さらったやつらは皆殺しだ!
というシンプル極まりないストーリーとスピーディーなアクションが
魅力的だったのに、「実はこいつが黒幕でした」という
後だしジャンケンが次から次へと展開され、
マフィアに殺されてしまうリーアムおじ様の元女房の尻軽女ぶりにもイライラさせられつつ
ラストでは「そりゃないでしょ」と本当の黒幕の正体に悪い意味で驚かされました。

アクションシーンはとにかく寄り画ばっかでひたすら観づらく
ほとんど終始何が起きてるのか分かりません。

5.『ビリギャル』(Flying Colors)
ビリギャル
なんかみんな、うさん臭い。
苦痛度:6
恥ずかしい度:9
酒が飲める度:3


90年代トレンディドラマ(死後)全盛時代に放送されていた
『勝利の女神』というTVドラマがありました。
これは難関中学合格を目指す塾の1クラスを主役とした群像劇で
思い出補正がかかっているかもしれませんが当時同じ状況にあった私は
大変楽しく観ていたものです。

なぜそんな話から始めたのかというと受験という題材が悪いから
このように香ばしい感じの作品になってしまった
わけではないということ言いたかったからです。
ましてや大学受験です。
日本で最も重要視される大卒という学歴を獲得するための戦いです。

ですが主人公のギャルをクズよばわりする学校教師
息子の野球以外に興味がない父親
娘にべったりなママ
有能な設定の割には全ての言動が怪しい新興宗教の教祖のような塾講師と
この世界に登場する人物はすべてステレオタイプすぎてウソ臭いのです。

また撮影の面でも不自然に光が回ったカットが多く
人物の平坦さを撮影技術の面でも悪い意味でがっちりサポートしていました。

4.『ジョーカー・ゲーム』(Joker Game)
ジョーカー・ゲーム
うわ…ダサッ…!
苦痛度:8
恥ずかしい度:8
酒が飲める度:5


フェイク歴史物スパイサスペンスかと思いきや
途中から完全にルパン3世になるスパイアクション映画。

なんというかこんな簡単な言葉で何かを評価したくないのですが
やっていることが何から何まで全部ダサいです。
何か他の言葉を探したいところなのですが他に表現する言葉が見つからないというか…。

監督は『SR サイタマノラッパー』でインディーズ映画界を震撼させた
入江悠監督。
完全に雇われ仕事に徹したのか心を無にして演出していたのか分かりませんが
入江監督の顔が全く見えない作品であったのは確かでした。

3.『ST 赤と白の捜査ファイル』(ST: The Movie )
ST 赤と白の捜査ファイル
うわ…ダサッ…!!×2
苦痛度:7
恥ずかしい度:10
酒が飲める度:10


脚本・渡辺雄介、監督・佐藤東弥という
2014年の大問題作『ガッチャマン』を生み出した
ゴールデンコンビが送り出すポリスアクション。

なんというかこんな簡単な言葉で何かを評価したくないのですが
やっていることが何から何まで全部ダサいです。
何か他の言葉を探したいところなのですが他に表現する言葉が見つからないというか…。
あれ、この台詞最近どこかで書いたような…。

画面にしょっちゅう浮き出てくる文字情報
なんでもかんでもモノローグと台詞で説明
スローモーション、コマ落としの乱発といった演出過剰ぶりが
『ジョーカー・ゲーム』をわずかに下回った理由です。

2.『夫婦フーフー日記』(Fufu Nikki / Wedded Pair Diary)
夫婦フーフー日記
奥様のご冥福をお祈りします。
苦痛度:10
恥ずかしい度:7
酒が飲める度:1


癌に侵された奥様と生まれたばかりのお子さん
それをとりまく人たちの日々を綴ったブログが原作。

原作者さんは出版社勤務ということで
高い文章力で綴られた日常の光景はきっと少なくない人たちの心を
打ったことと思います。

だから映画でもそういう現実感を感じさせる方向でつくっていれば
好感がもてたのかもしれません。

亡くなった奥さんが幽霊になってくるという追加要素
終始舞台劇のような大げさなアクションと泣かせの場面でしつこいくらいに流れるBGM。
特に乗車中のバスが渋滞で全く動かず、バスを降りて子供の元へ走り出すという
個人的に本当に勘弁してほしいシチュエーションには思わず
「マジですか?」と呟く他ありませんでした。

1.『エイプリルフールズ』(April Fools)
エイプリルフールズ
すいません。どこで笑ったらいいんでしょうか?
苦痛度:10
恥ずかしい度:10
酒が飲める度:1


みんなが終始顔面を痙攣させながら絶叫し
書き割みたいな平坦な背景の前に
不自然に光がツルツルに回った人物が浮かび上がって
全く笑えないコントを120分展開させる拷問ムービー。

脚本はTVドラマを中心にエンタメ感溢れる改作で次々に書き上げ
スマッシュヒットを飛ばしてきた古沢良太先生。
まさかこの名職人がこんな物を書いてしまう日が来るとは…。

日本の映像業界の闇は深いようです。

▪️最後に

という訳で今年の個人的拷問映画1位は『エイプリルフールズ』にしました。

例年通り上位にラインナップされる映画の特徴として
・話のスケールの割に演出過剰
・話のスケールの割に演技過剰
・被写界深度が常に深く、光がフラットに回りすぎ
・台詞とそれ以外の音のバランスが悪い
といった共通点が見られました。
抑えた芝居が正解という訳ではないと思いますが
半径数メートルの出来事を描いたホームドラマとか、
サスペンスであっても日常場面まで完全に同じトーンで芝居し続けるのはいかがなものでしょうか。

2015年は自ら磔刑に処されたイエス・キリストのごとく
映画界全ての罪を背負った大問題作『ギャラクシー街道』がありましたが回避したので観ておりません。
また約束された炎上する企画『進撃の巨人』も後篇の投げやりっぷりな締め方から
大いに議論を呼んだようですがやはり観ていないのでわかりません。

2014年は『MONSTERZ モンスターズ』というお酒を飲みながら観ると最高に楽しい怪物級のク○映画がありましたが2015年はただつまらないだけの作品が多く心にぽっかりと穴が空いてしまったような寂しさを感じたりしたようなしなかったような気がします。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/209-b9c9c4ed
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。