スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015年 外国映画私的ベスト10


先日予告した通り今日から連続で2015年のベスト・ワースト記事を
投稿していきます。

最初は洋画ベストです。

過去のベスト・ワーストは下から。

2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 

10.『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(Mad Max: Fury Road )
マッドマックス 怒りのデス・ロード
V8!V8!V8!


2015年最も映画ファンの間で話題になったに違いない
世紀末覇者爆走エレキムービー。

脱走⇒爆走爆発⇒ちょっとだけドラマ⇒爆走爆発
という字幕がなくても完ぺきに内容が理解できる
肉体言語という言葉を駆使したヒャッハーぶりに公開当時は
「V8!V8!V8!」とうわ言のように繰り返す方々がTwitter上に続出しました。

9.『独裁者と小さな孫』(THE PRESIDENT)
独裁者と小さな孫
とある国のとある独裁者。


グルジアあらためジョージアその他欧州各国の合作映画。
架空の国の架空の独裁者がクーデターにあって失脚し
孫と共に第三国まで逃亡を画策するロードムービーです。

この映画の面白いところは
体制崩壊後の国内各地を巡っていくうちに
独裁者が去っても誰一人幸せになっていないどころか
むしろ皆不幸になっている事がわかる所にあります。

容赦なく目の前でいくつもの悲劇が起きていくことを
独裁者と共に追体験し、わずかな人間の理性と良心が提示されて映画は終わります。

観賞直後は正直特に心に残る作品ではありませんでしたが
後になってじわじわくる、そういう感じの作品です。

8.『はじまりのうた』(Begin Again)
はじまりのうた
う〜ん。ナイス。

原題『Begin Again』の通り落ち目の音楽プロデューサーと
心に傷を持ったアマチュア女性歌手の復活と再生の物語。

世界一エキサイティングな街・ニューヨークの街角で
ゲリラ的にレコーディングをする2人(と彼らを取り巻く人々)を
手持ち主体のライブ感溢れる映像で見せてくれます。
キーラ・ナイトレイの意外な美声も堪能できます。

この映画をご覧になった後は是非とも同じ監督が撮った
『ONCE ダブリンの街角で』を観賞していただくことをお勧めします。

7.『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 (Terminator Genisys)
ターミネーター-新起動
I've been waiting for you !


ターミネーターシリーズのリブート作品。
シュワちゃんだけはそのままで
ごついオバサンだったサラ・コナーは思い切り美女化
なんかT1000はアジア人型とかも出てくるし
T100型は実は外見年取ります設定が追加され
若シュワと老シュワの誰が望んだのかわからないマッチメイクまでが実現。

世間的には大変評判のよろしくなかった本作ですが
開き直ってあの偉大なT1とT2の超大作同人映画として作られた
本作は私のハートにはどストレートに突き刺さりました。

6.『ワイルド・スピード SKY MISSION』(Fast & Furious 7)
Fast Furious 7
ポール・ウォーカーよ永遠に。


ジェイソン・ステイサム演じるとにかく強いハゲが
屈強な大男達を一方的に壊滅させるという
ドナルド・トランプ大統領候補の支持者なみに頭の悪そうなオープニングだけは
よく覚えています。
それ以外の内容はきれいさっぱり忘れてしまいましたが
『ワイルドスピード』とはそういうものですのでそれでいいと思います。

ポール・ウォーカーが亡くなってしまったのは本当に残念ですが
このシリーズには永遠に続いてほしいと思います(小並感)。

5.『キングスマン』(Kingsman: The Secret Service)
キングスマン
Manner maketh man.

『キック・アス』を生んだマシュー・ヴォーン監督の
ブリティッシュスパイアクション映画。

キレッキレのアクションももちろんですが
21世紀現在も残る英国階級社会制度が絡んでくるところも
中々興味深いです。
現代英国の階級社会については肉体労働者の家庭から肉体労働者が再生産されることを研究した
『ハマータウンの野郎ども』という書籍が詳しいです。

ブリティッシュイングリッシュには「Bloody」という独特のスラングがありますが
若者たちは「Fuck」を連発しているのも面白いですね。
ちなみに"Manner maketh man"のthは綴り間違いではなく3人称単数の古い変化形。

4.『クリード チャンプを継ぐ男』(Creed)
クリード チャンプを継ぐ男
父親の影を振り払え!お前の全てをぶつけてみせろ!


ボクシング映画の金字塔『ロッキー』から始まった伝説は
毎回凄まじい勢いで偏差値を低下させながら
黒人のマブダチを持つ事を漢のステータスとして定着させた『ロッキー3』で人気を決定付け
誰も期待してなかったのに普通に良い映画だった『ザ・ファイナル』で終了したように思えました。

そのシリーズがまさかロッキーと親友以上ホモ未満のアツい友情を育んだ
アポロ・クリードの息子に主役交代という形で復活するとは誰も想像しなかったはず。
正当な続編ではなくスピンオフということになっていますが
シリーズのDNAを完璧に受け継ぎ、既存のシリーズに敬意と愛を込めた本作は
きっと飽きずにロッキーを追いかけてきた人たちを133分の上映時間中に10回は泣かせたはずです。

唯一残念だった点はロッキーのテーマが流れなかったこと。

3.『きっと、星のせいじゃない。』(The Fault in Our Stars)
きっと星のせいじゃない
この2人を嫌いになれる人なんてきっといない。


「ティーン向け」「難病もの」「純愛」
私のような性根が曲がった人間にとって聞いただけで拒否反応を起こしそうな
ワードが並ぶ本作はベタベタな難病純愛映画のツボを思いっきり外してくる
爽やかでユーモアに満ちた快作でした。

難病患者のセラピーグループで出会った二人が恋に落ちて終わりの日が来るまでの
かけがえのない時間をユーモアのオブラートに包んで丁寧に描いています。
2人とも見た目はそんなにハンサムでも可愛くもなかったりするんですが
あまりに人物描写が巧みなためそのうち誰もが2人のことを大好きになってしまうはずです。

2.『セッション』(Whiplash)
セッション
Fasterrr! Fasterrrrrr!!


古くは『グレン・ミラー物語』から『バード』『ラウンド・ミッドナイト』
と映画の歴史の中で星の数ほど作られてきたジャズ映画ですが
本作は文字通りジャズ映画の歴史を塗り替えたと思います。

舞台となる音楽学校は軍隊
ビッグバンドは一個小隊
指揮者は訓練教官
として軍隊の訓練所をそのまま音楽の世界に置き換えたような
発想はいままでのどのジャズ映画にも無かったものに違いありません。

緊張感あふれる音楽学校から、
プレーヤーが指揮者を飲み込んでいく戦慄のジャズフェスまで
暴力的な刺激に溢れた傑作です。

1.『マッハ!無限大』の予告編(ต้มยำกุ้ง 2)

守りたい愛がある。取り戻したい象がいる。

今年の1位は本編ではなくこの素晴らしい予告編です。

『マッハ!』のデビューで全世界の(物好きな)アクション映画ファンに衝撃を与えたトニー・ジャーと
『チョコレートファイター』のデビューで全世界の(物好きな)アクション映画ファンに衝撃を与えたジージャー・ヤーニン夢の共演。
しかも監督はタイの偉大な職人監督プラッチャヤー・ピンゲーオと
期待値MAXだったわりに本編は色々盛り込みすぎたせいでなんか微妙だったのは残念でしたが
こうしてこの映画が日本で公開されなければこの素敵すぎる予告編も作られませんでした。

この予告編には本当に最高に楽しませてもらったので2015年の洋画1位とします。

と言う訳で今年の洋画1位は本編ではなく予告編です。
つまり実質的な1位は『セッション』という事でよろしくお願いします。

他いかにもアカデミー賞が好みそうな手堅い
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
イミテーション・ゲーム
相変わらずなんだか意味が分かんなかった
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
バードマン あるいは
『マッハ!無限大』の予告編が無ければ確実にトップ10に入れていた
『フォックスキャッチャー』
フォックスキャッチャー
イーサン・ハントが人間辞めてる
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
ミッション-インポッシブル:ローグ・ネイション
ただ唸るほかなかった安定のピクサー
『インサイドヘッド』
インサイドヘッド
が印象に残っています。

明日は邦画のベスト10です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/211-dd667ee5
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。