スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015年 アニメ作品私的ベスト10


洋画・邦画ベスト、ワーストときて
番外編としてアニメの個人的ベストテンです。
映画とTVシリーズ両方含めたものになっております。

過去のベスト・ワーストは下から。
2007年
2007年公開映画 私的ベスト10
2007年公開 日本私的ベスト10
2008年
2008年公開映画 私的ベスト10
2008年公開日本映画 私的ベスト10
2009年
2009年公開映画 私的ベスト10
2009年公開 私的日本映画ベスト10
2000年代総合
ゼロ年代ベスト20
ゼロ年代ワースト映画
2010年
2010年公開映画 私的ベスト10
2010年公開映画 私的ワースト10
2010年公開 私的日本映画ベスト10
2011年
2011年公開映画 私的ベスト20
2011年公開 私的日本映画ベスト10
2011年公開映画 私的ワースト10
2012年
2012年公開映画 私的ワースト10
2012年公開 私的日本映画ベスト10
2012年公開映画 私的ベスト10
2013年
2013年公開映画 私的ベスト10
2013年公開日本映画 私的ベスト10
2013年 アニメ作品私的ベスト10
2013年公開映画 私的ワースト10
2014年
2014年 公開映画私的ワースト10
2014年 アニメ作品私的ベスト10
2014年 日本映画私的ベスト10
2014年 外国映画私的ベスト10
 

10.『響け!ユーフォニアム』(Sound! Euphonium)
響けユーフォニウム
安定の京都アニメーション。


吹奏楽に青春をかける高校生を描いたラノベのアニメ化作。

私は兄が吹奏楽をやっていたためか吹奏楽部の無駄な体育会系気質に疑問を持っていたのですが、このアニメを見て……残念ながらそれは全く変わりませんでした。

青春は万人がそうとも言えなくとも美しいですし、誰かが何かに全力で打ち込む姿もまた美しいですが正直日本アニメ会の作品がこの年齢層に集中しているためかあまり強い印象も残っていません。
ですが、スタジオジブリ亡き今文字通り日本最高のアニメスタジオになりつつある京都アニメーションの作画陣とディレクター達の実力は本物です。

話自体も綺麗に真っ当に纏まっており普通に考えて悪く思えるはずがありません。

9.『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』(Fate/kaleid liner Prisma Illya 2wei Herz! )
Fate:kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!
最後の3.5話分が全て!


大きなお友だちたち向けに作られたfateシリーズスピンオフ作品。

中盤まではただただ萌え萌えの単発エピソードが続くだけですが終盤のアクション大盤振る舞いは同年放送されていた本家「fate」シリーズを超えるアツさで、予算の大半をこの数話ににかけたのではないかと思えるほどです。
続くドライも制作が決まっているようですが原作通りにならさらにアツいアクションが見られるはず。

8.『インサイド・ヘッド』(Inside Out)
インサイドヘッド
悲しみは喜びのためのエッセンス。


人間の意識や感情を擬人化した安定のピクサー品質アニメ。
感情の指令室から吹き飛ばされてしまった
喜びと悲しみの感情を司る2人が指令室に戻ろうと奮闘する道中で
「何故人は忘れてしまうのか?」
「何故悲しみの感情が必要なのか?」
という哲学的な要素をお子様でもばっちりわかるようにさりげなく教えてくれます。

子供向けアニメだけど一緒に観に来た大人も楽しませようという
浅草演芸魂に溢れた1本となっております。

7.『蟲師 特別編「鈴の雫」』
蟲師 鈴の雫
万物は流転する。


原作漫画「蟲師」の最終エピソードを単独で劇場公開。

クオリティにこだわりすぎたせいかTVシリーズでは短期間に3回も特別編を放送していましたが、まさかの単独エピソード劇場公開。

クオリティ自体は素晴らしく高く、
「人間は思考する生き物だけど自然の一部として存在している」
「生命も万物も流転する」
といったいかにもらしい奥ゆかしいメッセージの数々と最終エピソードだからこそ感じるそこはかとない儚さも非常に印象的でした。
出来自体は見たいものを見れたので良かったのですが
わずか46分尺の話を劇場公開するのはいかがなものかと。

公開館数が少なすぎて劇場で観られなかったし本当にTVでやっていただきたかったです。

6.『花とアリス殺人事件』(The Case of Hana & Alice)
花とアリス殺人事件
おしゃれすぎて漏らしちゃいそうです。


邦画ベストに書いたので以下略。

5.『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(JOJO'S BIZARRE ADVENTURE Part3 Stardust Crusaders)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
てめーは俺を怒らせた


2014年から分割で放映されたジョジョシリーズの顔、第3部。

述べ1年にわたる長丁場で、何がスタッフたちを駆り立てたのかわからない
オインゴ・ボインゴの特殊エンディングなんかも含みつつ
丁寧に忠実に映像化してもらえた事にただ感謝するばかりです。

今年には第4部の放送が予定されています。

4.『ワンパンマン』(One-Punch Man)
ワンパンマン
脱力系ヒーローアクション。


ONE氏が2009年からWEB上で掲載していた脱力系ヒーロー漫画のアニメ化作。
私もかつて暇つぶしによく読んでいたものですが、リメイク商業化されてからは全く追っていなくいつの間にかこんなに盛り上がっていたとは。

あらゆる敵をワンパンで粉砕してしまう無気力無表情のヒーローが主人公でコメディ調にも関わらずアニメ版では正統派のようなアツい要素が原作のエッセンスを損なわない程度に盛り込まれ、また影山ヒロノブ氏によるテーマ曲も最高です。
何よりスピード感溢れるバトルシーンは2015年のアニメの中でも際立っていました。

3.『ガールズ&パンツァー 劇場版』(Girls und Panzer der Film)
ガールズ&パンツァー 劇場版
萌え萌えの美少女と戦車。


邦画ベストに書いたので以下略。

2.『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 』(Fate/stay night: Unlimited Blade Works

Fate:stay night ubw
行くぞ、英雄王。武器の貯蔵は十分か?


どこかのお前らに「fateは文学」という名言を残させた
伝説的エロゲの1ルートを映像化。

2014年から始まった分割2クールを見終えて感じたことは
「ルートが分割されているノベルゲームの映像化は難しい」
でした。

原作ゲーム『fate/stay night』は
3つのルートが内包されており、それぞれがそれぞれを補完する内容となっております。
故にそのまま1本のシナリオとすると明らかに不必要なキャラクターや
投げっぱなしになってしまう伏線があるのですが…。

というふうにシナリオについては消化不良な感は否めないですが
下手な劇場用アニメを上回る超絶クオリティで24話(しかも1時間の長編2回)
を完走してもらえたことはただただ感謝です。

1.『SHIROBAKO』(Shirobako)
SHIROBAKO2.jpg
いやー、変な話ぃ。


アニメ業界で奮闘する高校アニメ研究会の同窓生5人組女子を
主人公にしたお仕事アニメ。

いくらなんでも業界と職場環境を美化しすぎな気がしますし
声優と脚本化という能力が曖昧で成功への道筋が恐ろしく困難な職種が
噛んでくるのは出来すぎ感を感じてしまいましたが
毎話しっかり盛り上げてくる綺麗にまとまった職人的巧さが光る良作でした。

それにアニメの世界くらい夢見てもいいよね?

ちなみに同じ業界の話をどす黒い世界として描いたのが
今は亡き今敏監督が作った『妄想代理人』です。

というわけで、2015年のアニメ1位はお仕事頑張ろうアニメ
『SHIROBAKO』にしました。
これ以上にトータルで楽しいアニメは無かったので。

明日はこの企画の締めくくりワースト10です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/212-e13806ac
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。