映画『ノルウェイの森』

映画版の『ノルウェイの森』を観てきました。

単体の映画レビューみたいなものを書くのは初めてです。
とういかあんまりそういう事が好きではないので。
だって1素人のレビューなんて読んでも誰も面白かないでしょうし。

でもあまりにも内容が強烈だったので
あえて書いてみます。

それにしてもきつかった…。 
■原作について
ノルウェイの森
原作は村上春樹の大ベストセラーです。
そんな事は知ってるよっていう感じだと思いますけど。
村上春樹の小説は極めて特徴的です。

その特徴は
・乾いた文体。
・流れが良く読みやすい文章。
・やたらと凝った隠喩。
・現実味を伴わないキャラクター。
・難解なテーマ。

こんな所に集約できると思います。

ちょっと試しになんか書いてみます。
実は私の母の作ったカレーは
この世のものとは思えないほど不味いのですが
その不味さを村上春樹っぽく書くとこうなります。

「彼女が鍋に手を加えるたびに
カレーはカレー的指向を失っていった。
その光景は僕に
砂漠で力尽き、死を待つばかりの
ジプシーを思わせた」


こんな感じになります。
センス良くないですけど
作家じゃないので許してください。

じゃあこんな隠喩だらけの文体を
映像化してみたらどうなるんでしょうか。

■映画について
ノルウェイの森1

気持ち悪い…。
何度映画館の暗がりでそうつぶやいたことか。
そう、気持ち悪いんです。

なぜか?
ちょっと考えてみました。

・登場人物にまるで共感できない。
登場人物に全くといって共感できません。

精神を病んだ恋人を失った青年が
周囲を一方的に遠ざけて
「僕は孤独だ。全てを失った」
と勝手に自分の内側にさらに閉じこもる。


滅茶苦茶、乱暴にこの話を要約するとそうなります。
そりゃあ共感なんてできませんよ。
ノルウェイの森4

・会話の不自然さ。
村上春樹作品の登場人物はまるで
英文を直訳したような固い話し方をします。

もちろんそれが魅力でもあるのですが
それをまんまやると不自然以外の何者でもありません。

一例を挙げてみましょう。
以下はワタナベと緑の会話です。

「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしてるわけ?」
「たぶんね」
「男の人って女の子のこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね。株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のこと
考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね」


文章にすると抜群に読みやすいし面白いです。

でもリアルであなたの彼氏が
こんな話かたをしてきたらどうですか?
ひきませんか?

もしあなたの彼氏がこういう話かたをしてきた
村上春樹中毒になっている可能性があります。
彼を正しい道に戻してあげるか、
無理ならすぐに別れることをお勧めします。
ノルウェイの森2

・濡れ場が色っぽくない
映像面での唯一の難点です。
濡れ場が非常にブサイクです。
変にソフト路線にしたからだと思うんですけど。

トラン・アン・ユンの頑張り
トラン・アン・ユンは『青いパパイヤの香り』で
青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]
(2007/02/23)
トラン・ヌー・イェン・ケー、リュ・マン・サン 他

商品詳細を見る

カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされて
注目を集めたベトナム系フランス人監督です。

この映画は技巧的には素晴らしい物がありました。
全体的にあまりカットを割らないで
カメラを動かすことでリズムをつくっています。

流れるようなドリーショットの数々は素直に凄いと思いました。

余談になりますが先週「笑っていいとも」に
菊地凛子が出演してこんな事を言っていました。

「カメラを動かすのにレールの長さが足りなくて
他から調達して長さを足らせた」

一応説明すると
移動撮影の時はドリーと呼ばれる
台車のようなものにカメラを載せて
レール上を移動します。

ドリーとレール。

24009_s.jpg

なんでレールの長さ分しか移動できません。

どこでそんなロングレールを使ったのかなと
思っていましたが多分
ワタナベと直子が早朝の草原で会話する1カット
で使ったと思います。

ここは1カットが超長回しで
しかも左右に大きくふれながら移動するので
撮影は滅茶苦茶大変だったと思います。

ドリーをオペレートするのは
カメラマン助手の仕事なので
現場で助手はカメラマンにボコボコにされたのではないかと。

またフィックスカットは少なめでしたが
フィックスの時は徹底的に長回しです。

フィックスになると
観客が役者に集中せざるを得ない
ので役者の頑張りが極めて重要になります。

役者さんは皆熱演でしたけど
頑張れば頑張るほど気持ち悪いんですよね。
話自体が気持ち悪いから…。
ノルウェイの森3

■まとめ
原作を抜きにして
一本の映画としても退屈なアート系映画
としか言いようがありません。

ハツミさんが退場したあたりで
「そろそろ終わりかな」
と思ったらまだ1時間以上あって絶望しましたし。

ただ、この結果については誰が悪いとかではありません。
監督は原作のイメージを可能なかぎり保ちつつ
2時間の尺に収めました。
役者さんも頑張りました。

でも
面白いか?と言われたら面白くはありません。
感動したか?と言われたら全く感動はしていません。
もう一度観たいか?と言われたら出来れば勘弁願いたい。
そんな映画でした。

※批判めいた感じになりましたが、村上春樹を貶めたいとか
あいつの小説はクソだとか言いたいわけじゃありません。
村上春樹の言語感覚は天才的です。
それは間違いありません。

関連エントリー
最低映画評論家「福本次郎」
こんな企画はやめてくれ。『涙そうそう』『未来予想図』『ハナミズキ』 J-POPをモチーフにした映画。
水嶋ヒロの『KAGEROU』を読んでみた
欝になる映画


合わせてどうぞ
村上春樹小説の解説文。
降ったり晴れたりさん。

コメント

お疲れ様でした。
ぜひ宇宙戦艦ヤマトを見て口直ししてくれw
2010/ 12/ 23( 木) 21: 24: 41| URL| BlueNote# -[ 編集 ]
 
> お疲れ様でした。
> ぜひ宇宙戦艦ヤマトを見て口直ししてくれw
いやー想像以上の苦行でしたよw
あととりあえずヤマトは見る予定ありません。
2010/ 12/ 24( 金) 16: 04: 04| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 
観たよ。強烈だった。これはやばいって。これで感動した重度の中二病だよ。
2010/ 12/ 24( 金) 17: 57: 31| URL| ジャック・タガード# -[ 編集 ]
 
> 観たよ。強烈だった。これはやばいって。これで感動した重度の中二病だよ。
こんにちは。
中学生のころはこれ読んで
滅茶苦茶感動したのにね。
やっぱ年くったせいですかね。
2010/ 12/ 26( 日) 16: 40: 39| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/37-65d5eeac
ブログパーツ