スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ご当地映画 ~北陸編~

シリーズ企画でやっているご当地映画です。

今回は「北陸編」です。
 
北陸編

富山
富山県
総人口:1,091,037人
県庁所在地:富山


黒部の太陽』 1968(日)
黒部の太陽
■舞台になった場所
中新川郡


木本正次による小説を原作に
世紀の難工事と呼ばれた黒部ダム建設
に苦闘する男たちの姿を
三船敏郎・志村喬・石原裕次郎
というオールスターキャストで映画化。

石原裕次郎の遺志で
VHS・DVDソフト化もされていないため
現在どこかで上映会が開かれる以外では
鑑賞することが不可能になっています。

『少年時代』 1990(日)
少年時代
■舞台になった場所
下新川郡朝日町


藤子不二雄の同名漫画を映画化。
太平洋戦争末期に東京から富山に疎開した少年が
学校内の権力争いに巻き込まれる様を描いた作品です。

こんな狭い世界で権力争いしててやだねー
というのと大人も子供もその辺変わらないよね
っていうのが率直な印象です。
主人公と深くかかわるガキ大将は
権力に凝り固まった単純に嫌な野郎では
なく、逆におとなしくしていた奴のほうが実はえげつない
というのも面白いですね。
でもなんだかんだで最後はホロッときてしまいます。

井上陽水の歌った主題歌も大ヒットしましたね。

北陸本線、泊駅。
劇中では風泊駅として登場します。

泊駅


少年時代 [DVD]少年時代 [DVD]
(2005/04/28)
藤田哲也、岩下志麻 他

商品詳細を見る


『劒岳 点の記』 2009(日)

剣岳
■舞台になった場所
上市町・立山町


名カメラマン木村大作がメガホンを初めて取った
山岳アドベンチャーです。

シナリオには難点が多いですが
それを補って余りある立山連峰の雄大な
光景に圧倒されます。
CGを使わない本物の映像美がここにはあります。

立山連峰・弥陀ヶ原の草原
弥陀ヶ原の草原

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信、香川照之 他

商品詳細を見る


石川
石川県
総人口:1,164,745人
県庁所在地:金沢


『ゼロの焦点』 1961(日)
ゼロの焦点
■舞台になった場所
金沢市・羽咋郡


松本清張作品『張込み』を傑作に仕立てた
張込み [DVD]張込み [DVD]
(2005/11/26)
大木実、田村高広 他

商品詳細を見る

野村芳太郎監督が再び松本作品を映像化。

忌まわしい過去を必死で清算しようとする
女性たちの苦悩を能登の鬱々とした光景と併せて
描きこの作品もまた傑作と呼ばれるようになりました。

2時間ドラマで定番となっている
「ラストで崖の上に関係者が集合して真相が語られる」

というフォーマットを作った記念碑的な作品でもあります。

クライマックスの断崖絶壁。
羽咋郡志賀町・能登金剛「ヤセの断崖」。

ヤセの断崖

ファンシイダンス』 1989(日)
ファンシイダンス
■舞台になった場所
金沢


岡野玲子の同名漫画を映画化。
寺の跡取り息子である主人公が
禅宗寺院で厳しい修行生活を送る
姿を軽やかなタッチで描いたコメディです。

監督の周防正行は大変な寡作家で
この作品での劇場映画デビュー以降
わずかに3本しか撮影していません。

『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』
『それでもボクはやってない』
とどれも傑作揃いなので
次回作の話がいつ聞こえてくるか非常に楽しみです。

もちろんこの映画も抜群に面白いです。

原作のお寺は永平寺(福井県永平寺町)をモデルに
したそうですが
映画は金沢の大乗寺などで撮影したそうです。

大乗寺。

大乗寺

ファンシイダンス [DVD]ファンシイダンス [DVD]
(2005/04/08)
本木雅弘、鈴木保奈美 他

商品詳細を見る


幻の光』 1995(日)
幻の光
■舞台になった場所
輪島市


夫を原因不明の自殺で失った女性の
再生を描いた静かな作品です。

日本映画には珍しくハイライトを多様した
映像表現でその画作りはまるで北欧の映画を見ているようでした。

北陸の寒々とした空気感も素晴らしいです。
がこれがエンターテイメントとして面白いかと
いうことについては議論が分かれないところです。

現在の輪島駅。
七尾線の廃止に伴い2001年に廃駅となりました。

輪島駅

朝市の光景(輪島市河井町)。
輪島朝市

幻の光 [DVD]幻の光 [DVD]
(2003/04/25)
江角マキコ、内藤剛志 他

商品詳細を見る


福井
福井県
総人口:805,400人
県庁所在地:福井


夜叉』 1985(日)
夜叉
■舞台になった場所
敦賀市・三方郡美浜町


かつてミナミで「夜叉」と呼ばれたが
足を洗って若狭湾の小さな港町で猟師をしている
男が再びヤクザの抗争に巻き込まれていく超渋い映画です。

監督・降旗康男、撮影・木村大作、主演・高倉健という
ゴールデントリオで
健さんは「自分不器用ですから…」というモノローグが
終始流れてきそうないつもの役を、迫力満点に演じており
面白くないはずがありません。

JR敦賀駅。
港町の最寄駅として何度か劇中に登場。

敦賀駅

夜叉 [DVD]夜叉 [DVD]
(2005/01/21)
高倉健、田中裕子 他

商品詳細を見る


関連エントリー
ご当地映画 ~四国編~
ご当地映画 ~北関東編~
ご当地映画 ~山陰編~
夏を感じる映画+観光案内

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/45-d7f1392c
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。