雨が印象的な映画

梅雨です。
ジメジメして嫌ですね。

東京も例年より早く梅雨入りしました。

雨は演出面で心象風景を表すためしばしば
使用されます。

今日は雨が印象的な映画です。
 
『羅生門』 1950(日)
羅生門
芥川龍之介の短編小説『藪の中』
を元にした時代劇サスペンス。

荒れ果てた都の羅生門で、雨宿りをする下人と杣売りと旅法師。
やがて下人が関わることになったとある事件の顛末を語り始める。
という話です。

黒澤明の代表作に1本で
ヴェネツィア国際映画祭グランプリを獲得しました。

羅生門 デジタル完全版 [DVD]羅生門 デジタル完全版 [DVD]
(2010/07/23)
三船敏郎、京マチ子 他

商品詳細を見る


『雨に唄えば』 1952(米)

雨に唄えば
世界一有名なミュージカル映画。

本作が生み出した名曲"singin in the rain"
に乗って雨中でジーン・ケリーが踊り狂う
場面がクライマックスです。

雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]
(2002/11/08)
ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ 他

商品詳細を見る


『七人の侍』 1954(日)

七人の侍
説明不要の世界で最も有名な日本映画。

野武士と侍たちの雨中の最終決戦は
何度見ても圧巻の一言に尽きます。

七人の侍 [DVD]七人の侍 [DVD]
(2002/10/25)
三船敏郎、志村喬 他

商品詳細を見る


『十二人の怒れる男』 1957(米)
12人の怒れる男
全編がほぼ陪審員室の一室のみで進む
密室劇ですが、議論が白熱するにつれて
外が土砂降りの雨になります
真夏の蒸し暑さと相まってムシムシした
熱気がこちらにまで伝わってきます。

やがて陪審員たちの意見がまとまり
収束すると雨がやみ、外に晴れ間が広がります。

雨は12人の男たちの心象風景を表しているのです。

十二人の怒れる男 [DVD]十二人の怒れる男 [DVD]
(2010/08/04)
ヘンリー・フォンダ、マーティン・バルサム 他

商品詳細を見る


サイコ』 1960(米)

サイコ
サイコサスペンスの元祖となった
ヒッチコックの代表作。

昨今で散々使われている
「実は○○の正体は○○だった!」
というオチの元祖でもあります。

ヒロインのジャネット・リーが
惨劇の舞台となる旧道沿いのモーテルに
向かう道すがら、土砂降りの雨が
不気味な雰囲気を増大させています。

サイコ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】サイコ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】
(2011/06/22)
アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー 他

商品詳細を見る


ティファニーで朝食を』 1961(米)
ティファニーで朝食を
オードリー演じる奔放なヒロインが
土砂降りの雨の中でペルソナを脱ぎ捨てる
ラストは素晴らしいです。

ティファニーで朝食を [DVD]ティファニーで朝食を [DVD]
(2006/04/21)
オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード 他

商品詳細を見る


シェルブールの雨傘』 1964(仏・独)
シェルブールの雨傘
役者による語りが一切無い完全なるミュージカル映画。

雨がそぼ降るシェルブールの街中に
咲いた傘の花を俯瞰ショットで収めた
タイトルバックは非常に有名です。

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]
(2009/07/17)
カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ 他

商品詳細を見る


『ブレードランナー』 1982(米)
ブレードランナー
SF映画かつフィルム・ノワールの特徴も持つ
80年代の最高傑作の1本。

環境汚染にまみれ、下品な企業広告に支配された
未来都市の上には、厚く雲がかかり
絶え間なく振る雨が、陰鬱な空気を醸しだしています。

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
(2010/04/21)
ハリソン・フォード、ルドガー・ハウアー 他

商品詳細を見る


『となりのトトロ』 1988(日)

となりのトトロ
スタジオジブリが生み出した
不思議の国埼玉のクリーチャーと
少女の教育的交流アニメ。

トトロが傘に落ちた雨音を
楽しむシーンがありますよね。

日本人は誰もが知ってると思うので
これぐらいで。

となりのトトロ [DVD]となりのトトロ [DVD]
(2001/09/28)
不明

商品詳細を見る


『ショーシャンクの空に』 1994(米)
ショーシャンクの空に
イギリスのエンパイア誌で史上最高の映画にも
選ばれたことがある刑務所映画の新古典。

脱獄に成功したアンディーが土砂降りの雨を
浴びて立ち上がる名場面を見ると
元気になります。

ショーシャンクの空に [DVD]ショーシャンクの空に [DVD]
(2010/04/21)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


『マディソン郡の橋』 1995(米)
マディソン郡の橋
主婦とナイスミドルカメラマンの
大人のラブストーリー。

土砂降りの雨のなかでロバート(イーストウッド)が
フランチェスカ(メリル・ストリープ)を見送る
クライマックスには思わず涙します。

マディソン郡の橋 特別版 [DVD]マディソン郡の橋 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ 他

商品詳細を見る


セブン』 1995(米)

セブン
7つの大罪をモチーフにした
サイコ・サスペンス。

撮影当時のロサンゼルスが雨季だった
こともあり、劇中では常に雨が降っています。
雨の効果でシリアスでダークな世界観にぴったりの
ルックスになりました。

セブン [Blu-ray]セブン [Blu-ray]
(2010/12/22)
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


雨あがる』 2000(日)
雨あがる
黒澤明の最後の脚本を映像化した
正統派時代劇。

寺尾聰演じる浪人夫婦が雨で川が増水したために
宿場町で足止めをくってしまうところから物語は始まります。

雨あがる 特別版 [DVD]雨あがる 特別版 [DVD]
(2000/09/06)
寺尾聰、宮崎美子 他

商品詳細を見る


殺人の追憶』 2003(韓)
殺人の追憶jpg
暗くて重くて渋い実録骨太犯罪映画。

劇中の連続強姦殺人魔が
雨の日に犯行を犯すことから
劇中でも常に雨が降っています。

ゼロ年代有数の傑作です。

殺人の追憶 [DVD]殺人の追憶 [DVD]
(2004/08/27)
ソン・ガンホ、キム・サンギョン 他

商品詳細を見る


終わりで始まりの4日間』 2004(米)

終わりで始まりの4日間
薬の影響で感情を上手く出せなくなった青年が
土砂降りの雨の中、トラクターの屋根に上って
叫び感情を取り戻す
というクライマックスが印象的です。

インディペンデント・スピリット賞
を受賞し、高い評価を受けたものの
監督の知名度のせいか日本では劇場未公開。
ナタリー・ポートマンも出てるのに…。

終わりで始まりの4日間 [DVD]終わりで始まりの4日間 [DVD]
(2008/05/23)
ザック・ブラフ、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


いま、会いにゆきます』 2004(日)
いま、会いにゆきます
「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」
という言葉通りに亡き妻が梅雨に帰ってくる
ファンタジー系ラブストーリー。

監督は『涙そうそう』『ハナミズキ』と
雑なメロドラマ職人の土井裕泰さん。

余談になりますが、TBSが地上波で初放送した際に
裏番組のテレビ朝日「日曜洋画劇場」は
スティーブン・セガール主演の『DENGEKI 電撃』
DENGEKI 電撃
を放送しました。

テレビ欄には
「いま、殴りにゆきます…今夜は鉄拳制裁!」
というおもいきり裏を意識した番宣になっており
笑わせてもらった記憶があります。

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]
(2005/06/24)
竹内結子

商品詳細を見る


関連エントリー
ゼロ年代ベスト映画
2010年公開映画 ワースト10
日本劇場未公開の秀作映画
こんな企画はやめてくれ。『涙そうそう』『未来予想図』『ハナミズキ』 J-POPをモチーフにした映画。
私的ラブストーリー映画ベスト30

コメント

いろいろ知ってますねーー。
自分の中では「時計じかけのオレンジ」のアレックスが出所してから、小説家の家にいくまでの雨の中よろめき歩くシーンはよく覚えています(笑
2013/ 05/ 29( 水) 21: 25: 06| URL| CUBE# -[ 編集 ]
 
他にも探せばいろいろありそうですね!

> いろいろ知ってますねーー。
> 自分の中では「時計じかけのオレンジ」のアレックスが出所してから、小説家の家にいくまでの雨の中よろめき歩くシーンはよく覚えています(笑
2013/ 05/ 30( 木) 10: 47: 34| URL| ランボー怒りのサービス残業# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://undersiege.blog112.fc2.com/tb.php/86-a3663734
ブログパーツ